1.5. RPM パッケージからの Red Hat build of MicroShift のインストール

RPM パッケージから Red Hat build of MicroShift をインストールするには、次の手順を使用します。

前提条件

  • Red Hat build of MicroShift をインストールするためのシステム要件が満たされている。
  • RPM パッケージから Red Hat build of MicroShift をインストールする準備の手順が完了している。

手順

  1. root ユーザーとして、次のコマンドを実行して Red Hat build of MicroShift リポジトリーを有効にします。

    $ sudo subscription-manager repos \
        --enable rhocp-4.15-for-rhel-9-$(uname -m)-rpms \
        --enable fast-datapath-for-rhel-9-$(uname -m)-rpms
  2. 次のコマンドを実行して、Red Hat build of MicroShift をインストールします。

    $ sudo dnf install -y microshift
  3. インストールのプルシークレットを Red Hat Hybrid Cloud Console から $HOME/openshift-pull-secret などの一時フォルダーにダウンロードします。このプルシークレットを使用すると、Red Hat build of MicroShift で使用されるコンテナーイメージを提供するコンテナーレジストリーで認証できます。
  4. 次のコマンドを実行して、プルシークレットを RHEL マシンの /etc/crio フォルダーにコピーします。

    $ sudo cp $HOME/openshift-pull-secret /etc/crio/openshift-pull-secret
  5. 以下のコマンドを実行して、root ユーザーを /etc/crio/openshift-pull-secret ファイルの所有者にします。

    $ sudo chown root:root /etc/crio/openshift-pull-secret
  6. 以下のコマンドを実行して、root ユーザーのみが /etc/crio/openshift-pull-secret ファイルを読み取りおよび書き込み可能にします。

    $ sudo chmod 600 /etc/crio/openshift-pull-secret
  7. RHEL マシンでファイアウォールが有効になっている場合は、必須のファイアウォールルールをいくつか設定する必要があります。firewalld の場合は、次のコマンドを実行します。

    $ sudo firewall-cmd --permanent --zone=trusted --add-source=10.42.0.0/16
    $ sudo firewall-cmd --permanent --zone=trusted --add-source=169.254.169.1
    $ sudo firewall-cmd --reload

Red Hat build of MicroShift 用に準備したボリュームグループ (VG) がデフォルト名 rhel を使用した場合は、それ以上の設定が必要ありません。別の名前を使用した場合、またはその他の設定を変更する場合は、Red Hat build of MicroShift の設定セクションを参照してください。

1.5.1. RPM パッケージからの Operator Lifecycle Manager (OLM) のインストール

MicroShift をインストールする場合、Operator Lifecycle Manager (OLM) パッケージはデフォルトではインストールされません。RPM パッケージを使用して、MicroShift インスタンスに OLM をインストールできます。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、OLM パッケージをインストールします。

    $ sudo dnf install microshift-olm
  2. パッケージからアクティブなクラスターにマニフェストを適用するには、次のコマンドを実行します。

    $ sudo systemctl restart microshift

1.5.2. RPM パッケージからの GitOps Argo CD マニフェストのインストール

MicroShift で OpenShift GitOps の軽量バージョンを使用すると、アプリケーションの管理に役立ちます。RPM パッケージを使用して、必要な Argo CD マニフェストをインストールします。この RPM パッケージには、コア Argo CD を実行する必要なマニフェストが含まれています。

重要

このプロセスは、基本的な GitOps 機能をインストールします。Argo CD CLI は現在 MicroShift では利用できません。

前提条件

  • MicroShift バージョン 4.14 以降がインストールされている。
  • 250 MB の追加の RAM ストレージが推奨される。

手順

  1. 次のコマンドを実行して、サブスクリプションマネージャーで GitOps リポジトリーを有効にします。

    $ sudo subscription-manager repos --enable=gitops-1.12-for-rhel-9-$(uname -m)-rpms
  2. 以下のコマンドを実行して GitOps パッケージをインストールします。

    $ sudo dnf install -y microshift-gitops
  3. Argo CD Pod をデプロイするには、次のコマンドを実行して MicroShift サービスを再起動します。

    $ sudo systemctl restart microshift

検証

  • 以下のコマンドを実行して、Pod が適切に実行されていることを確認できます。

    $ oc get pods -n openshift-gitops

    出力例

    NAME                                  READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    argocd-application-controller-0       1/1     Running   0          4m11s
    argocd-redis-56844446bc-dzmhf         1/1     Running   0          4m12s
    argocd-repo-server-57b4f896cf-7qk8l   1/1     Running   0          4m12s