8.3.3. ユーザーが CDC テーブルにアクセスできることの確認

SQL Server 管理者は、システムストアドプロシージャを実行してデータベースまたはテーブルをクエリーし、その CDC 設定情報を取得できます。ストアドプロシージャーは、SQL Server Management Studio または Transact-SQL を使用すると実行できます。

前提条件

  • キャプチャーインスタンスのキャプチャーされたすべての列に対して SELECT 権限を持っている。db_owner データベー出力ルのメンバーは、定義されたすべてのキャプチャーインスタンスの情報を確認できます。
  • クエリーに含まれるテーブル情報に定義したゲーティングロールへのメンバーシップがある。

手順

  1. SQL Server Management Studio の View メニューから Object Explorer をクリックします。
  2. Object Explorer から Databases を展開し、MyDB などのデータベースオブジェクトを展開します。
  3. Programmability > Stored Procedures > System Stored Procedures を展開します。
  4. sys.sp_cdc_help_change_data_capture ストアドプロシージャを実行して、テーブルを問い合わせます。

    クエリーは空の結果を返しません。

    次の例では、データベース MyDB 上でストアドプリファレンス sys.sp_cdc_help_change_data_capture を実行します。

    例: CDC 設定情報のテーブルのクエリー

    USE MyDB;
    GO
    EXEC sys.sp_cdc_help_change_data_capture
    GO

    クエリーは、CDC に対して有効になっているデータベースの各テーブルの設定情報を返し、呼び出し元のアクセスが許可される変更データが含まれます。結果が空の場合は、ユーザーにキャプチャーインスタンスと CDC テーブルの両方にアクセスできる権限があることを確認します。