7.5. Debezium コネクターを実行するための PostgreSQL の設定

本リリースの Debezium では、ネイティブの pgoutput 論理レプリケーションストリームのみがサポートされます。pgoutput プラグインを使用するように PostgreSQL を設定するには、レプリケーションスロットを有効にし、レプリケーションの実行に必要な権限を持つユーザーを設定します。

詳細は以下を参照してください。

7.5.1. Debezium pgoutput プラグインのレプリケーションスロットの設定

PostgreSQL の論理デコード機能はレプリケーションスロットを使用します。レプリケーションスロットを設定するには、postgresql.conf ファイルに以下を指定します。

wal_level=logical
max_wal_senders=1
max_replication_slots=1

これらの設定は、PostgreSQL サーバーを以下のように指示します。

  • wal_level - 先行書き込みログで論理デコードを使用します。
  • max_wal_senders - WAL 変更の処理に、1 つの個別プロセスの最大を使用します。
  • max_replication_slots - WAL の変更をストリーミングするために作成される 1 つのレプリケーションスロットの最大を許可します。

レプリケーションスロットは、Debezium の停止中でも Debezium に必要なすべての WAL エントリーを保持することが保証されいます。したがって、以下の点を避けるために、レプリケーションスロットを注意して監視することが重要になります。

  • 過剰なディスク消費量。
  • レプリケーションスロットが長期間使用されないと発生する可能性がある、あらゆる状態 (カタログの肥大化など)。

詳細は、レプリケーションスロットに関する PostgreSQL のドキュメント を参照してください。

注記

PostgreSQL ログ先行書き込みの設定 や仕組みを理解していると、Debezium PostgreSQL コネクターを使用する場合に役立ちます。