4.4. Debezium コネクターと連携する MongoDB の設定

MongoDB コネクターは MongoDB の oplog/Change Streams を使用して変更をキャプチャーするため、コネクターは MongoDB レプリカセットと、各シャードが個別のレプリカセットであるシャードクラスターとのみ動作します。レプリカセット または シャードクラスター の設定については、MongoDB ドキュメントを参照してください。また、レプリカセットで アクセス制御と認証 を有効にする方法についても理解するようにしてください。

oplog が読み取られる admin データベースを読み取るために適切なロールを持つ MongoDB ユーザーも必要です。さらに、ユーザーはシャードクラスターの設定サーバーで config データベースを読み取りできる必要もあり、listDatabases 権限も必要です。変更ストリームを使用する場合 (デフォルト)、ユーザーはクラスター全体の特権アクションである find および changeStream も持っている必要があります。