7.7.2. Debezium PostgreSQL コネクターレコードストリーミングの監視

MBeandebezium.postgres:type=connector-metrics,context=streaming,server=<postgresql.server.name> です。以下の表は、利用可能なストリーミングメトリクスの一覧です。

属性タイプ説明

LastEvent

string

コネクターが読み取られた最後のストリーミングイベント。

MilliSecondsSinceLastEvent

long

コネクターが最新のイベントを読み取りおよび処理してからの経過時間 (ミリ秒単位)。

TotalNumberOfEventsSeen

long

このコネクターが前回の起動またはメトリックリセット以降に見たイベントの合計数。

TotalNumberOfCreateEventsSeen

long

このコネクターが最後に起動またはメトリックリセットされてから見た、作成イベントの合計数。

TotalNumberOfUpdateEventsSeen

long

最後の起動またはメトリックリセット以降にこのコネクターが見た更新イベントの合計数。

TotalNumberOfDeleteEventsSeen

long

このコネクターが最後に起動またはメトリックリセットされてから見た削除イベントの合計数。

NumberOfEventsFiltered

long

コネクターに設定された include/exclude リストのフィルターリングルールによってフィルターされたイベントの数。

MonitoredTables
非推奨、今後のリリースで削除される予定ですので、代わりに 'CapturedTables' メトリクスを使用してください。

string[]

コネクターによって監視されるテーブルの一覧。

CapturedTables

string[]

コネクターによって取得されるテーブルの一覧。

QueueTotalCapacity

int

ストリーマーとメイン Kafka Connect ループの間でイベントを渡すために使用されるキューの長さ。

QueueRemainingCapacity

int

ストリーマーとメインの Kafka Connect ループの間でイベントを渡すために使用されるキューの空き容量。

Connected

boolean

コネクターが現在データベースサーバーに接続されているかどうかを示すフラグ。

MilliSecondsBehindSource

long

最後の変更イベントのタイムスタンプとそれを処理するコネクターとの間の期間 (ミリ秒単位)。この値は、データベースサーバーとコネクターが稼働しているマシンのクロック間の差異に対応します。

NumberOfCommittedTransactions

long

コミットされた処理済みトランザクションの数。

SourceEventPosition

Map<String, String>

最後に受信したイベントの位置。

LastTransactionId

string

最後に処理されたトランザクションのトランザクション識別子。

MaxQueueSizeInBytes

long

キューの最大バッファー (バイト単位)。このメトリクスは、max.queue.size.in.bytes が正の long 値に設定されている場合に利用できます。

CurrentQueueSizeInBytes

long

キュー内のレコードの現在の容量 (バイト単位)。