3.7.3. Debezium Db2 コネクターのスキーマ履歴の監視

MBeandebezium.db2:type=connector-metrics,context=schema-history,server=<db2.server.name> です。

以下の表は、利用可能なスキーマ履歴メトリクスの一覧です。

属性タイプ説明

Status

string

データベース履歴の状態を示す STOPPEDRECOVERING (ストレージから履歴を復元)、または RUNNING のいずれか。

RecoveryStartTime

long

リカバリーが開始された時点のエポック秒の時間。

ChangesRecovered

long

リカバリーフェーズ中に読み取られた変更の数。

ChangesApplied

long

リカバリーおよびランタイム中に適用されるスキーマ変更の合計数。

MilliSecondsSinceLast​RecoveredChange

long

最後の変更が履歴ストアから復元された時点からの経過時間 (ミリ秒単位)。

MilliSecondsSinceLast​AppliedChange

long

最後の変更が適用された時点からの経過時間 (ミリ秒単位)。

LastRecoveredChange

string

履歴ストアから復元された最後の変更の文字列表現。

LastAppliedChange

string

最後に適用された変更の文字列表現。