4.2.4. Debezium MongoDB コネクターでの変更イベントレコードのストリーミング方法

レプリカセットレコードのコネクタータスクがオフセットを取得すると、オフセットを使用して変更のストリーミングを開始する oplog の位置を判断します。その後、タスクは (設定によって) レプリカセットのプライマリーノードに接続するか、レプリカセット全体の変更ストリームに接続し、その位置から変更のストリーミングを開始します。すべての作成、挿入、および削除操作を処理して Debezium の 変更イベント に変換します。各変更イベントには操作が検出された oplog の位置が含まれ、コネクターはこれを最新のオフセットとして定期的に記録します。オフセットが記録される間隔は、Kafka Connect ワーカー設定プロパティーである offset.flush.interval.ms によって制御されます。

コネクターが正常に停止されると、処理された最後のオフセットが記録され、再起動時にコネクターは停止した場所から続行されます。しかし、コネクターのタスクが予期せず終了した場合、最後にオフセットが記録された後、最後のオフセットが記録される前に、タスクによってイベントが処理および生成されることがあります。再起動時に、コネクターは最後に 記録された オフセットから開始し、クラッシュの前に生成された同じイベントを生成する可能性があります。

注記

すべてが通常どおり動作している場合、Kafka コンシューマーは実際にすべてのメッセージを 1 度だけ 確認します。ただし、問題が発生した場合は、Kafka はコンシューマーが 少なくとも 1 度 各メッセージを確認することのみを保証します。したがって、コンシューマーが複数回メッセージを確認することを想定する必要があります。

前述のように、コネクタータスクは常にレプリカセットのプライマリーノードを使用して oplog からの変更をストリーミングし、コネクターが可能な限り最新の操作を確認できるようにし、代わりにセカンダリーが使用された場合よりも短いレイテンシーで変更をキャプチャーできるようにします。レプリカセットが新しいプライマリーを選出すると、コネクターは即座に変更のストリーミングを停止し、新しいプライマリーに接続して、同じ場所にある新しいプライマリーノードから変更のストリーミングを開始します。同様に、コネクターとレプリカセットメンバーとの通信で問題が発生した場合は、レプリカセットが過剰にならないように指数バックオフを使用して再接続を試みます。接続の確立後、停止した場所から変更のストリーミングを続行します。これにより、コネクターはレプリカセットメンバーシップの変更を動的に調整でき、通信障害を自動的に処理できます。

要約すると、MongoDB コネクターはほとんどの状況で実行を継続します。通信の問題により、問題が解決されるまでコネクターが待機する可能性があります。