3.4. Debezium Db2 コネクターによるデータ型のマッピング方法

Db2 のデータ型の説明は Db2 SQL Data Types を参照してください。

Db2 コネクターは、行が存在するテーブルのように構造化されたイベントで行への変更を表します。イベントには、各列の値のフィールドが含まれます。その値がどのようにイベントで示されるかは、列の Db2 のデータ型によって異なります。ここでは、これらのマッピングについて説明します。デフォルトのデータ型変換がニーズを満たさない場合、コネクター用の カスタムコンバータを作成 することができます。

詳細は以下を参照してください。

基本型

以下の表では、各 Db2 データ型をイベントフィールドの リテラル型 および セマンティック型にマッピングする方法を説明します。

  • literal type は、Kafka Connect スキーマタイプ (INT8INT16INT32INT64FLOAT32FLOAT64BOOLEANSTRINGBYTESARRAYMAPSTRUCT) を使用して、値がどのように表現されるかを記述します。
  • セマンティック型 は、フィールドの Kafka Connect スキーマの名前を使用して、Kafka Connect スキーマがフィールドの 意味 をキャプチャーする方法を記述します。

表3.9 Db2 の基本データ型のマッピング

DB2 データ型リテラル型 (スキーマ型)セマンティック型 (スキーマ名) および注記

BOOLEAN

BOOLEAN

BOOLEAN 型の列のあるテーブルからのみスナップショットを作成できます。現在、Db2 での SQL レプリケーションは BOOLEAN をサポートしないため、Debezium はこれらのテーブルで CDC を実行できません。別の型の使用を検討してください。

BIGINT

INT64

該当なし

BINARY

BYTES

該当なし

BLOB

BYTES

該当なし

CHAR[(N)]

STRING

該当なし

CLOB

STRING

該当なし

DATE

INT32

io.debezium.time.Date

タイムゾーン情報のないタイムスタンプの文字列表現

DECFLOAT

BYTES

org.apache.kafka.connect.data.Decimal

DECIMAL

BYTES

org.apache.kafka.connect.data.Decimal

DBCLOB

STRING

該当なし

DOUBLE

FLOAT64

該当なし

INTEGER

INT32

該当なし

REAL

FLOAT32

該当なし

SMALLINT

INT16

該当なし

TIME

INT32

io.debezium.time.Time

タイムゾーン情報のない時刻の文字列表現

TIMESTAMP

INT64

io.debezium.time.MicroTimestamp

タイムゾーン情報のないタイムスタンプの文字列表現

VARBINARY

BYTES

該当なし

VARCHAR[(N)]

STRING

該当なし

VARGRAPHIC

STRING

該当なし

XML

STRING

io.debezium.data.Xml

XML ドキュメントの文字列表現が含まれます。

列のデフォルト値がある場合は、対応するフィールドの Kafka Connect スキーマに伝達されます。明示的な列値が指定されない限り、変更イベントにはフィールドのデフォルト値が含まれます。そのため、スキーマからデフォルト値を取得する必要はほとんどありません。

時間型

タイムゾーン情報が含まれる Db2 の DATETIMEOFFSET データ型以外に、時間型がマッピングされる仕組みは time.precision.mode コネクター設定プロパティーの値によって異なります。ここでは、以下のマッピングについて説明します。

time.precision.mode=adaptive

time.precision.mode 設定プロパティーがデフォルトの adaptive に設定された場合、コネクターは列のデータ型定義に基づいてリテラル型とセマンティック型を決定します。これにより、イベントがデータベースの値を 正確 に表すようになります。

表3.10 time.precision.modeadaptive の場合のマッピング

DB2 データ型リテラル型 (スキーマ型)セマンティック型 (スキーマ名) および注記

DATE

INT32

io.debezium.time.Date

エポックからの日数を表します。

TIME(0), TIME(1), TIME(2), TIME(3)

INT32

io.debezium.time.Time

午前 0 時から経過した時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

TIME(4), TIME(5), TIME(6)

INT64

io.debezium.time.MicroTime

午前 0 時から経過した時間をマイクロ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

TIME(7)

INT64

io.debezium.time.NanoTime

午前 0 時から経過した時間をナノ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

DATETIME

INT64

io.debezium.time.Timestamp

エポックからの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

SMALLDATETIME

INT64

io.debezium.time.Timestamp

エポックからの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

DATETIME2(0), DATETIME2(1), DATETIME2(2), DATETIME2(3)

INT64

io.debezium.time.Timestamp

エポックからの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

DATETIME2(4), DATETIME2(5), DATETIME2(6)

INT64

io.debezium.time.MicroTimestamp

エポックからの経過時間をマイクロ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

DATETIME2(7)

INT64

io.debezium.time.NanoTimestamp

エポックからの経過時間をナノ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

time.precision.mode=connect

time.precision.mode 設定プロパティーが connect に設定された場合、コネクターは Kafka Connect の論理型を使用します。これは、コンシューマーが組み込みの Kafka Connect の論理型のみを処理でき、可変精度の時間値を処理できない場合に便利です。ただし、Db2 はマイクロ秒の 10 分の 1 の精度をサポートするため、connect 時間精度を指定してコネクターによって生成されたイベントは、データベース列の少数秒の精度値が 3 よりも大きい場合に、精度が失われます

表3.11 time.precision.modeconnect の場合のマッピング

DB2 データ型リテラル型 (スキーマ型)セマンティック型 (スキーマ名) および注記

DATE

INT32

org.apache.kafka.connect.data.Date

エポックからの日数を表します。

TIME([P])

INT64

org.apache.kafka.connect.data.Time

午前 0 時からの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。Db2 では、範囲 が 0 - 7 の P が許可され、マイクロ秒の 10 分の 1 の精度まで保存されますが、P が 3 よりも大きい場合は、このモードでは精度が失われます。

DATETIME

INT64

org.apache.kafka.connect.data.Timestamp

エポックからの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

SMALLDATETIME

INT64

org.apache.kafka.connect.data.Timestamp

エポックからの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。

DATETIME2

INT64

org.apache.kafka.connect.data.Timestamp

エポックからの経過時間をミリ秒で表し、タイムゾーン情報は含まれません。Db2 では、範囲 が 0 - 7 の P が許可され、マイクロ秒の 10 分の 1 の精度まで保存されますが、P が 3 よりも大きい場合は、このモードでは精度が失われます。

タイムスタンプ型

DATETIMESMALLDATETIME および DATETIME2 タイプは、タイムゾーン情報のないタイムスタンプを表します。このような列は、UTC を基にして同等の Kafka Connect 値に変換されます。たとえば、2018-06-20 15:13:16.945104 という DATETIME2 の値は、1529507596945104 という値の io.debezium.time.MicroTimestamp で表されます。

Kafka Connect および Debezium を実行している JVM のタイムゾーンは、この変換には影響しません。

表3.12 10 進数型

DB2 データ型リテラル型 (スキーマ型)セマンティック型 (スキーマ名) および注記

NUMERIC[(P[,S])]

BYTES

org.apache.kafka.connect.data.Decimal

scale スキーマパラメーターには、小数点を移動した桁数を表す整数が含まれます。connect.decimal.precision スキーマパラメーターには、指定の 10 進数値の精度を表す整数が含まれます。

DECIMAL[(P[,S])]

BYTES

org.apache.kafka.connect.data.Decimal

scale スキーマパラメーターには、小数点を移動した桁数を表す整数が含まれます。connect.decimal.precision スキーマパラメーターには、指定の 10 進数値の精度を表す整数が含まれます。

SMALLMONEY

BYTES

org.apache.kafka.connect.data.Decimal

scale スキーマパラメーターには、小数点を移動した桁数を表す整数が含まれます。connect.decimal.precision スキーマパラメーターには、指定の 10 進数値の精度を表す整数が含まれます。

MONEY

BYTES

org.apache.kafka.connect.data.Decimal

scale スキーマパラメーターには、小数点を移動した桁数を表す整数が含まれます。connect.decimal.precision スキーマパラメーターには、指定の 10 進数値の精度を表す整数が含まれます。