8.2.6. Debezium SQL Server コネクターのデータ変更イベントの説明

Debezium SQL Server コネクターは、行レベルの INSERTUPDATE、および DELETE 操作ごとにデータ変更イベントを生成します。各イベントにはキーと値が含まれます。キーと値の構造は、変更されたテーブルによって異なります。

Debezium および Kafka Connect は、イベントメッセージの継続的なストリーム を中心として設計されています。ただし、これらのイベントの構造は時間の経過とともに変化する可能性があり、コンシューマーによる処理が困難になることがあります。これに対応するために、各イベントにはコンテンツのスキーマが含まれます。スキーマレジストリーを使用している場合は、コンシューマーがレジストリーからスキーマを取得するために使用できるスキーマ ID が含まれます。これにより、各イベントが自己完結型になります。

以下のスケルトン JSON は、変更イベントの基本となる 4 つの部分を示しています。ただし、アプリケーションで使用するために選択した Kafka Connect コンバーターの設定方法によって、変更イベントのこれら 4 部分の表現が決定されます。schema フィールドは、変更イベントが生成されるようにコンバーターを設定した場合のみ変更イベントに含まれます。同様に、イベントキーおよびイベントペイロードは、変更イベントが生成されるようにコンバーターを設定した場合のみ変更イベントに含まれます。JSON コンバーターを使用し、変更イベントの基本となる 4 つの部分すべてを生成するように設定すると、変更イベントの構造は次のようになります。

{
 "schema": { 1
   ...
  },
 "payload": { 2
   ...
 },
 "schema": { 3
   ...
 },
 "payload": { 4
   ...
 },
}

表8.4 変更イベントの基本内容の概要

項目フィールド名説明

1

schema

最初の schema フィールドはイベントキーの一部です。イベントキーの payload の部分の内容を記述する Kafka Connect スキーマを指定します。つまり、最初の schema フィールドは、変更されたテーブルのプライマリーキーの構造、またはテーブルにプライマリーキーがない場合は変更されたテーブルの一意キーの構造を記述します。

message.key.columnsコネクター設定プロパティー を設定すると、テーブルのプライマリーキーをオーバーライドできます。この場合、最初の schema フィールドはそのプロパティーによって識別されるキーの構造を記述します。

2

payload

最初の payload フィールドはイベントキーの一部です。前述の schema フィールドによって記述された構造を持ち、変更された行のキーが含まれます。

3

schema

2 つ目の schema フィールドはイベント値の一部です。イベント値の payload の部分の内容を記述する Kafka Connect スキーマを指定します。つまり、2 つ目の schema は変更された行の構造を記述します。通常、このスキーマには入れ子になったスキーマが含まれます。

4

payload

2 つ目の payload フィールドはイベント値の一部です。前述の schema フィールドによって記述された構造を持ち、変更された行の実際のデータが含まれます。

デフォルトでは、コネクターによって、変更イベントレコードがイベントの元のテーブルと同じ名前を持つトピックにストリーミングされます。トピック名 を参照してください。

警告

SQL Server コネクターは、すべての Kafka Connect スキーマ名が Avro スキーマ名の形式 に準拠するようにします。つまり、論理サーバー名はアルファベットまたはアンダースコア (a-z、A-Z、または _) で始まる必要があります。論理サーバー名の残りの各文字と、データベース名とテーブル名の各文字は、アルファベット、数字、またはアンダースコア ( a-z、A-Z、0-9、または \_) でなければなりません。無効な文字がある場合は、アンダースコアに置き換えられます。

論理サーバー名、データベース名、またはテーブル名に無効な文字が含まれ、名前を区別する唯一の文字が無効であると、無効な文字はすべてアンダースコアに置き換えられるため、予期せぬ競合が発生する可能性があります。

変更イベントの詳細は、以下を参照してください。

8.2.6.1. Debezium SQL Server 変更イベントのキー

変更イベントのキーには、変更されたテーブルのキーのスキーマと、変更された行の実際のキーのスキーマが含まれます。スキーマとそれに対応するペイロードの両方には、コネクターによってイベントが作成された時点において、変更されたテーブルのプライマリーキー (または一意なキー制約) に存在した各列のフィールドが含まれます。

以下の customers テーブルについて考えてみましょう。この後に、このテーブルの変更イベントキーの例を示します。

テーブルの例

CREATE TABLE customers (
  id INTEGER IDENTITY(1001,1) NOT NULL PRIMARY KEY,
  first_name VARCHAR(255) NOT NULL,
  last_name VARCHAR(255) NOT NULL,
  email VARCHAR(255) NOT NULL UNIQUE
);

変更イベントキーの例

customers テーブルへの変更をキャプチャーする変更イベントのすべてに、イベントキースキーマがあります。customers テーブルに前述の定義がある限り、customers テーブルへの変更をキャプチャーする変更イベントのキー構造は、JSON では以下のようになります。

{
    "schema": { 1
        "type": "struct",
        "fields": [ 2
            {
                "type": "int32",
                "optional": false,
                "field": "id"
            }
        ],
        "optional": false, 3
        "name": "server1.dbo.customers.Key" 4
    },
    "payload": { 5
        "id": 1004
    }
}

表8.5 変更イベントキーの説明

項目フィールド名説明

1

schema

キーのスキーマ部分は、キーの payload 部分の内容を記述する Kafka Connect スキーマを指定します。

2

fields

各フィールドの名前、型、および必要かどうかなど、payload で想定される各フィールドを指定します。この例では、型が int32id という名前の必須フィールドが 1 つあります。

3

任意

イベントキーの payload フィールドに値が含まれる必要があるかどうかを示します。この例では、キーのペイロードに値が必要です。テーブルにプライマリーキーがない場合は、キーの payload フィールドの値は任意です。

4

server1.dbo.customers.Key

キーのペイロードの構造を定義するスキーマの名前。このスキーマは、変更されたテーブルのプライマリーキーの構造を記述します。キースキーマ名の形式は connector-name.database-schema-name.table-name.Key です。この例では、以下のようになります。

  • server1 はこのイベントを生成したコネクターの名前です。
  • dbo は変更されたテーブルのデータベーススキーマです。
  • customers は更新されたテーブルです。

5

payload

この変更イベントが生成された行のキーが含まれます。この例では、キーには値が1004id フィールドが 1 つ含まれます。