4.5. Debezium MongoDB コネクターのデプロイメント

以下の方法のいずれかを使用して Debezium MongoDB コネクターをデプロイできます。

4.5.1. AMQ Streams を使用した MongoDB コネクターデプロイメント

Debezium 1.7 以降、Debezium コネクターのデプロイに推奨される方法は、AMQ Streams を使用してコネクタープラグインが含まれる Kafka Connect コンテナーイメージをビルドすることです。

デプロイメントプロセス中に、以下のカスタムリソース (CR) を作成し、使用します。

  • Kafka Connect インスタンスを定義し、コネクターアーティファクトに関する情報をイメージに含める必要がある KafkaConnect CR。
  • コネクターがソースデータベースにアクセスするために使用する情報を提供する KafkaConnector CR。AMQStreams が Kafka Connect Pod を開始した後、KafkaConnector CR を適用してコネクターを開始します。

Kafka Connect イメージのビルド仕様では、デプロイ可能なコネクターを指定できます。各コネクタープラグインに対して、デプロイメントに利用可能にする他のコンポーネントを指定することもできます。たとえば、Apicurio Registry アーティファクトまたは Debezium スクリプトコンポーネントを追加できます。AMQ Streams が Kafka Connect イメージをビルドすると、指定のアーティファクトをダウンロードし、イメージに組み込みます。

Kafka Connect CR の spec.build.output パラメーターは、生成される KafkaConnectコンテナーイメージを格納する場所を指定します。コンテナーイメージは Docker レジストリーまたは OpenShift ImageStream に保存できます。イメージを ImageStream に保存するには、Kafka Connect をデプロイする前に ImageStream を作成する必要があります。イメージストリームは自動的に作成されません。

注記

KafkaConnect リソースを使用してクラスターを作成する場合は、Kafka Connect REST API を使用してコネクターを作成または更新できません。ただし、REST API を使用して情報を取得できます。