8.2.7. トランザクション境界を表す Debezium SQL Server コネクターによって生成されたイベント

Debezium は、トランザクション境界を表し、データ変更イベントメッセージをエンリッチするイベントを生成できます。

Debezium がトランザクションメタデータを受信する場合の制限

Debezium は、コネクターのデプロイ後に発生するトランザクションに対してのみメタデータを登録し、受信します。コネクターをデプロイする前に発生するトランザクションのメタデータは利用できません。

データベーストランザクションは、キーワード BEGIN および END で囲まれたステートメントブロックによって表されます。Debezium は、すべてのトランザクションで BEGIN および END 区切り文字のトランザクション境界イベントを生成します。トランザクション境界イベントには以下のフィールドが含まれます。

status
BEGIN または END
id
一意のトランザクション識別子の文字列表現。
event_count (END イベント用)
トランザクションによって出力されるイベントの合計数。
data_collections (END イベント用)
指定のデータコレクションからの変更によって出力されたイベントの数を提供する data_collection および event_count のペアの配列。
警告

Debezium には、トランザクションがいつ終了したかを確実に識別する方法がありません。このように、トランザクション END マーカーは、別のトランザクションの最初のイベントが到着した後にのみ発行されます。これにより、トラフィックの少ないシステムの場合、END マーカーの配信が遅れる可能性があります。

以下の例は、典型的なトランザクション境界メッセージを示しています。

例: SQL Server コネクタートランザクション境界イベント

{
  "status": "BEGIN",
  "id": "00000025:00000d08:0025",
  "event_count": null,
  "data_collections": null
}

{
  "status": "END",
  "id": "00000025:00000d08:0025",
  "event_count": 2,
  "data_collections": [
    {
      "data_collection": "testDB.dbo.tablea",
      "event_count": 1
    },
    {
      "data_collection": "testDB.dbo.tableb",
      "event_count": 1
    }
  ]
}

transaction.topic オプションでオーバーライドされない限り、トランザクションイベントは database.server.name.transaction という名前のトピックに書き込まれます。

8.2.7.1. 変更データイベントのエンリッチメント

トランザクションメタデータを有効にすると、データメッセージ Envelope は新しい transaction フィールドでエンリッチされます。このフィールドは、複合フィールドの形式ですべてのイベントに関する情報を提供します。

id
一意のトランザクション識別子の文字列表現。
total_order
トランザクションによって生成されたすべてのイベントを対象とするイベントの絶対位置。
data_collection_order
トランザクションによって出力されたすべてのイベントを対象とするイベントのデータコレクションごとの位置。

以下の例は、典型的なメッセージの例を示しています。

{
  "before": null,
  "after": {
    "pk": "2",
    "aa": "1"
  },
  "source": {
...
  },
  "op": "c",
  "ts_ms": "1580390884335",
  "transaction": {
    "id": "00000025:00000d08:0025",
    "total_order": "1",
    "data_collection_order": "1"
  }
}