12.6. 送信トレイパターンを使用する Debezium コネクターの設定

送信トレイパターンを使用することで、複数の (マイクロ) サービス間で安全かつ確実にデータを交換することができます。送信トレイパターンの実装により、サービスの内部状態 (通常はそのデータベースに永続化される) と同じデータを必要とするサービスで使用されるイベントの状態との間に不整合が生じるのを防ぐことができます。

Debezium アプリケーションに送信トレイパターンを実装するには、Debezium コネクターを以下のように設定します。

  • 送信トレイテーブルの変更をキャプチャーする
  • Debezium 送信トレイイベントルーター単一メッセージ変換 (SMT) を適用する

送信トレイ SMT を適用するように設定された Debezium コネクターは、送信トレイテーブルで生じた変更だけをキャプチャーする必要があります。詳細は、変換を選択的に適用するオプション を参照してください。

コネクターが複数の送信トレイテーブルの変更をキャプチャーすることができるのは、それぞれの送信トレイテーブルが同じ構造を持つ場合に限ります。

送信トレイパターンが有用な理由およびその動作については、Reliable Microservices Data Exchange With the Outbox Pattern を参照してください。

注記

送信トレイイベントルーター SMT は MongoDB コネクターと互換性がありません。

MongoDB ユーザーは、MongoDB outbox event router SMT を実行できます。

詳細は以下のセクションを参照してください。

12.6.1. Debezium 送信トレイメッセージの例

Debezium 送信トレイイベントルーター SMT の設定方法を理解するには、以下の Debezium 送信トレイメッセージの例を確認してください。

# Kafka Topic: outbox.event.order
# Kafka Message key: "1"
# Kafka Message Headers: "id=4d47e190-0402-4048-bc2c-89dd54343cdc"
# Kafka Message Timestamp: 1556890294484
{
  "{\"id\": 1, \"lineItems\": [{\"id\": 1, \"item\": \"Debezium in Action\", \"status\": \"ENTERED\", \"quantity\": 2, \"totalPrice\": 39.98}, {\"id\": 2, \"item\": \"Debezium for Dummies\", \"status\": \"ENTERED\", \"quantity\": 1, \"totalPrice\": 29.99}], \"orderDate\": \"2019-01-31T12:13:01\", \"customerId\": 123}"
}

送信トレイイベントルーター SMT を適用するように設定された Debezium コネクターは、以下のような Debezium のオリジナルメッセージを変換して上記のメッセージを生成します。

# Kafka Message key: "406c07f3-26f0-4eea-a50c-109940064b8f"
# Kafka Message Headers: ""
# Kafka Message Timestamp: 1556890294484
{
  "before": null,
  "after": {
    "id": "406c07f3-26f0-4eea-a50c-109940064b8f",
    "aggregateid": "1",
    "aggregatetype": "Order",
    "payload": "{\"id\": 1, \"lineItems\": [{\"id\": 1, \"item\": \"Debezium in Action\", \"status\": \"ENTERED\", \"quantity\": 2, \"totalPrice\": 39.98}, {\"id\": 2, \"item\": \"Debezium for Dummies\", \"status\": \"ENTERED\", \"quantity\": 1, \"totalPrice\": 29.99}], \"orderDate\": \"2019-01-31T12:13:01\", \"customerId\": 123}",
    "timestamp": 1556890294344,
    "type": "OrderCreated"
  },
  "source": {
    "version": "1.9.7.Final",
    "connector": "postgresql",
    "name": "dbserver1-bare",
    "db": "orderdb",
    "ts_usec": 1556890294448870,
    "txId": 584,
    "lsn": 24064704,
    "schema": "inventory",
    "table": "outboxevent",
    "snapshot": false,
    "last_snapshot_record": null,
    "xmin": null
  },
  "op": "c",
  "ts_ms": 1556890294484
}

この Debezium 送信トレイメッセージの例は、デフォルトの送信トレイイベントルーター設定 に基づいています。ここでは、送信トレイテーブル構造および集約に基づくイベントルーティングを想定しています。動作をカスタマイズするために、送信トレイイベントルーター SMT にはさまざまな 設定オプション が用意されています。