OpenShift での Skupper オペレーターの使用

Red Hat Application Interconnect 1.0

Red Hat Application Interconnect 1.0 で使用する場合 (限定利用)

概要

このガイドでは、Skupper オペレーターの使用方法を説明します。

はじめに

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。

注記

この限定利用リリースは、すべてのお客様が利用できるわけではありません。Application Interconnect の詳細は、Red Hat の営業チーム にお問い合わせください。

Skupper Operator は、OpenShift で Application Interconnect サイトを作成および管理します。

1章CLI を使用した Operator のインストール で説明されているように Operator をインストールできます。

注記

Operator をインストールするには、OpenShift クラスターの管理者権限が必要です。

Operator をインストールした後、2章Skupper Operator を使用してサイトの作成 で説明されているように ConfigMap をデプロイすることでサイトを作成できます。

第1章 CLI を使用した Operator のインストール

本セクションの手順では、kubectl コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して、指定の OpenShift クラスターに最新バージョンの Skupper Operator をインストールし、デプロイする方法を説明します。

手順

  1. Skupper Operator のサンプルファイルをダウンロードします。たとえば、以下のようになります。

    $ curl -fL https://github.com/skupperproject/skupper-operator/archive/refs/heads/main.zip
  1. Operator をインストールする namespace を指定します。新しい namespace を作成するか、既存の namespace に切り替えることができます。

    1. 必要に応じて、新しい namespace を作成します。

      $ kubectl create namespace  <namespace-name>
    2. Operator をインストールする namespace に切り替えます。

      $ kubectl config set-context --current --namespace=<namespace-name>
  2. openshift-marketplace namespace に CatalogSource を作成します。

    $ kubectl apply -f examples/ocp/00-cs.yaml
  3. 続行する前に、skupper-operator カタログ Pod が実行されていることを確認してください。

    $ kubectl -n openshift-marketplace get pods | grep skupper-operator
  4. my-namespace namespace に OperatorGroup を作成します。

    $ kubectl apply -f examples/ocp/10-og.yaml
  5. my-namespace namespace にサブスクリプションを作成します。

    $ kubectl apply -f examples/ocp/20-sub.yaml
  6. Operator が実行されていることを確認します。

    $ kubectl get pods -n my-namespace
    
    NAME                                     READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    skupper-site-controller-d7b57964-gxms6   1/1     Running   0          1m

    出力が Pod が実行されていることを報告しない場合は、以下のコマンドを使用して、実行を妨げている問題を判別します。

    $ kubectl describe pod -l name=skupper-operator

第2章 Skupper Operator を使用してサイトの作成

  1. 作成するサイトの ConfigMap を定義する YAML ファイルを作成します。

    たとえば、skupper-site.yaml を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: skupper-site
      namespace: my-namespace

    Using the Skupper console の説明に従って、コンソールの認証情報を後で取得するか、以下のようにユーザー名とオプションでパスワードを skupper-site.yaml に追加して、今すぐコンソールの認証情報を指定することができます。

    data:
      console-user: "admin"
      console-password: "changeme"
  2. YAML を適用して、使用する namespace で skupper-site という名前の ConfigMap を作成します。

    $ kubectl apply -f skupper-site.yaml
  3. Skupper ルーターおよびサービスコントローラーの Pod が実行していることを確認して、サイトが作成されていることを確認します。

    $ kubectl get pods
    
    NAME                                          READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    skupper-router-8c6cc6d76-27562                1/1     Running   0          40s
    skupper-service-controller-57cdbb56c5-vc7s2   1/1     Running   0          34s
    注記

    Operator を単一の namespace にデプロイした場合は、追加のサイトコントローラー Pod も実行します。

改訂日時: 2022-07-03 00:31:23 +1000