Skupper コンソールの使用

Red Hat Application Interconnect 1.0

Red Hat Application Interconnect 1.0 で使用する場合 (限定利用)

概要

このガイドでは、Application Interconnect サイトおよびサービスネットワークを監視する方法について説明します。

はじめに

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、Red Hat CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。

注記

この限定利用リリースは、すべてのお客様が利用できるわけではありません。Application Interconnect の詳細は、Red Hat の営業チーム にお問い合わせください。

デフォルトでは、Application Interconnect サイトを作成すると、Skupper コンソールも有効にします。Skupper コンソールの URL は、skupper status でサイトのステータスを確認するたびに表示されます。

第1章 Skupper コンソールへのアクセス

デフォルトでは、Skupper コンソールは、サービスネットワークルーターを作成するたびに使用可能で、skupper-console-users シークレットで利用可能な認証情報で保護されます。

手順

  1. skupper CLI を使用して Skupper コンソール URL を決定します。以下に例を示します。

    $ skupper status
    Skupper is enabled for namespace "west" in interior mode. It is not connected to any other sites. It has no exposed services.
    The site console url is:  https://skupper-west.apps-crc.testing
  2. Skupper コンソールの URL を参照します。認証情報のプロンプトは、サイトが skupper init を使用してどのように作成されたかによって異なります。

    • --console-auth unsecured オプションを使用すると、認証情報の入力を要求されません。
    • --console-auth openshift オプションを使用すると、OpenShift クラスターの認証情報を入力するように求められます。
    • デフォルトまたは --console-user <user> --console-password <password> オプションを使用すると、その認証情報を入力するように求められます。
  3. デフォルト設定 skupper init を使用してサイトを作成した場合は、admin ユーザー用にランダムなスワードが生成されます。admin ユーザーがパスワードを取得するには、次のコマンドを実行します。

    $ kubectl get secret skupper-console-users -o jsonpath={.data.admin} | base64 -d
    JNZWzMHtyg

第2章 Skupper コンソールを使用したサイトのリンク

Skupper コンソールを使用すると、CLI を使用したアプリケーション Interconnect サイトの設定 で説明されているように、要求タイプトークンを作成および使用できます。

前提条件

  • それぞれ Skupper コンソールが有効になっている 2 つのサイト
手順

ブラウザーからクリップボードの使用を許可するよう求められる場合があります。この手順のプロンプトを受け入れる必要があります。

  1. 最初のサイトのコンソールにログインします。
  2. 左側のメニューの Site に移動します。
  3. Link a remote site をクリックして、リンクの手順を表示します。
  4. Copy a token to the clipboard をクリックします。
  5. 2 番目のサイトのコンソールにログインします。
  6. 左側のメニューの Site に移動します。
  7. Use a token をクリックして最初のサイトからトークンを受け入れます。
  8. Site ページの Network details セクションに両方のサイトが表示されていることを確認して、サイトがリンクされていることを確認します。

第3章 Skupper コンソールの探索

Skupper コンソールは、以下の概要を提供します。

  • サービス - ローカルとリモートの両方のサービスネットワーク上で公開されるサービス。
  • サイト - 現在のサービスネットワークへの Application Interconnect のインストール。
  • デプロイメント - 公開されたサービスに関連するデプロイメント。

Skupper コンソールは、サイト間のトラフィックレベルなど、サービスネットワークに関する有用なネットワーク情報を提供します。

skupper コンソール
  1. Creating a service network with OpenShift のチュートリアルを実行します。
  2. Skupper コンソールに移動します。
  3. Network メニュー項目をクリックします。eastwest の両方のサイトで円で表示されている必要があります。
  4. west の円をドラッグアンドドロップして、east の円の左側に配置します。
  5. Table タブをクリックして、サイトをテキストアイテムとして表示します。このビューでは、選択したサイトに関連する詳細にドリルダウンできます。
  6. Deployments メニュー項目をクリックします。このビューには、サービスネットワーク上でサービスとして公開されているデプロイメントが表示されます。この場合、コンソールには hello-world-backend (east) デプロイメントが表示されます。
  7. Services メニュー項目をクリックして、サービスネットワーク上で公開されているすべてのサービスの詳細を表示します。

    注記

    2 つのサービスがチュートリアルには含まれていますが、1 つのサービス (hello-world-backend) のみがサービスネットワーク上で公開されます。

  8. Site メニューをクリックします。このページは次のことを示しています。

    • サービスネットワーク内のサイトの数。
    • サービスネットワーク上で公開されているサービス。
    • サービスネットワークで定義されているゲートウェイ。
    • 現在のサイトのトラフィック。

改訂日時: 2022-07-03 00:31:11 +1000