1.2. 自動化コンテンツナビゲーターのモード

自動化コンテンツナビゲーターは 2 つのモードで動作します。

標準出力 (stdout) モード
コマンドラインで既存の Ansible コマンドおよび拡張機能の大部分を受け入れます。
テキストベースのユーザーインターフェイスモード
Ansible コマンドに対する、インタラクティブなテキストベースのインターフェイスを提供します。このモードを使用して、コンテンツを評価し、Playbook を実行し、アーティファクトファイルを使用して実行した後に Playbook のトラブルシューティングを行います。

1.2.1. 標準出力 (stdout) モード

自動化コンテンツナビゲーターで -m stdout サブコマンドを使用して、自動化実行環境内やローカルの開発環境上で ansible-playbook などの一般的な Ansible コマンドを使用します。使い慣れたコマンドを使用して、素早くタスクを実行することができます。

また、自動化コンテンツナビゲーターは、このモードで豊富なヘルプも提供します。

--help
ansible-navigator コマンドまたはサブコマンド (ansible-navigator config --help など) からアクセスできます。
サブコマンドのヘルプ
サブコマンド (例: ansible-navigator config --help-config) からアクセスできます。このヘルプには、関連する Ansible コマンドでサポートされているすべてのパラメーターの詳細が表示されます。

1.2.2. テキストベースのユーザーインターフェイスモード

テキストベースのユーザーインターフェイスモードは、自動化実行環境、コレクション、Playbook、およびインベントリーとの対話を強化します。このモードは、Visual Studio Code などの統合開発環境 (IDE) と互換性があります。

テキストベースのユーザーインターフェイスモード

このモードには、便利なユーザーインターフェイスオプションが多数含まれています。

コロンコマンド
:run:collections など、コロンを使用して、すべての Automation コンテンツナビゲーターコマンドにアクセスできます。
テキストベースのインターフェイスの移動
この画面には、ページアップまたはページダウン、スクロール、前の画面へのエスケープ、または :help へのアクセス方法が表示されます。
行番号による出力
表示された出力の行番号の前にコロンを付ける (例: :12) と、その行にアクセスできます。
色でコーディングされた出力
色を有効にすると、自動化コンテンツナビゲーターは非推奨のモジュールなどのアイテムを赤で表示します。
ページネーションおよびスクロール
各自動化コンテンツナビゲーター画面の下部に表示されるオプションを使用して、ページを上下に移動したり、スクロールしたり、エスケープしたりできます。

自動化コンテンツナビゲーターの実行後は、モード間の切り替えができません。

本書では、ほとんどの手順でテキストベースのユーザーインターフェイスモードを使用します。