3.4. 分離されたローカルおよびリモート実行設定

この設定は、ホップノードとリモート実行ノードを回復力のある設定に追加します。リモート実行ノードは、ホップノードから到達可能です。

リモートの場所に実行ノードをセットアップする場合、または DMZ ネットワークで自動化を実行する必要がある場合は、このセットアップを使用できます。

[automationcontroller]
aap_c_1.example.com
aap_c_2.example.com

[automationcontroller:vars]
node_type=control
peers=instance_group_local

[execution_nodes]
aap_e_1.example.com
aap_e_2.example.com
aap_h_1.example.com
aap_e_3.example.com

[instance_group_local]
aap_e_1.example.com
aap_e_2.example.com

[hop]
aap_h_1.example.com

[hop:vars]
peers=automationcontroller

[instance_group_remote]
aap_e_3.example.com

[instance_group_remote:vars]
peers=hop

次の図は、このメッシュネットワークのトポロジーを示しています。

The topology map of the configuration consists of an automation controller group, a local execution group, a hop node group, and a remote execution node group. The automation controller group consists of two control nodes: aap_c_1 and aap_c_2. The local execution nodes are aap_e_1 and aap_e_2. Every control node is peered to every local execution node. The hop node group contains one hop node, aap_h_1. It is peered to the controller group. The remote execution node group contains one execution node, aap_e_3. It is peered to the hop node group.

[automationcontroller:vars] スタンザは、コントロールプレーン内のすべてのノードのノードタイプを設定し、コントロールノードがローカル実行ノードとピアリングする方法を定義します。

  • コントロールプレーン内のすべてのノードは、自動的に相互にピアリングされます。
  • コントロールプレーンのすべてのノードは、すべてのローカル実行ノードとピアリングされます。

ノードのグループの名前が instance_group_ で始まる場合、インストーラーはそれをインスタンスグループとして認識し、Ansible Automation Platform ユーザーインターフェイスに追加します。