Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第3章 自動化メッシュの設計パターン

このセクションの自動化メッシュトポロジーは、環境でメッシュのデプロイメントを設計するために使用できる例を提供しています。単純なハイブリッドノードのデプロイメントから、複数の自動化コントローラーインスタンスをデプロイし、複数の実行ノードおよびホップノードを使用する複雑なパターンまで、さまざまな例が用意されています。

前提条件

  • ノードタイプと関係に関する概念的な情報を確認している。
注記

次の例には、メッシュトポロジーを示すイメージが含まれています。イメージの矢印は、ピアリングの方向を示しています。ピアリングが確立されると、ノード間の接続により双方向通信が可能になります。

3.1. 複数ハイブリッドノードのインベントリーファイルの例

このインベントリーファイルのサンプルは、複数のハイブリッドノードで構成されるコントロールプレーンをデプロイします。コントロールプレーンのノードは、自動的に相互にピアリングされます。

[automationcontroller]
aap_c_1.example.com
aap_c_2.example.com
aap_c_3.example.com

次の図は、このメッシュネットワークのトポロジーを示しています。

The topology map of the multiple hybrid node mesh configuration consists of an automation controller group. The automation controller group contains three hybrid nodes: aap_c_1, aap_c_2, and aap_c_3. The control nodes are peered to one another as follows: aap_c_3 is peered to aap_c_1 and aap_c_1 is peered to aap_c_2.

コントロールプレーンのノードのデフォルトの node_typeHybrid です。automationcontroller group で個々のノードの node_typehybrid に明示的に設定できます。

[automationcontroller]
aap_c_1.example.com node_type=hybrid
aap_c_2.example.com node_type=hybrid
aap_c_3.example.com node_type=hybrid

または、[automationcontroller] グループ内のすべてのノードの node-type を設定できます。コントロールプレーンに新しいノードを追加すると、自動的にハイブリッドノードに設定されます。

[automationcontroller]
aap_c_1.example.com
aap_c_2.example.com
aap_c_3.example.com

[automationcontroller:vars]
node_type=hybrid

将来、コントロールプレーンにコントロールノードを追加する可能性がある場合は、ハイブリッドノード用に別のグループを定義し、グループの node-type を設定することをお勧めします。

[automationcontroller]
aap_c_1.example.com
aap_c_2.example.com
aap_c_3.example.com

[hybrid_group]
aap_c_1.example.com
aap_c_2.example.com
aap_c_3.example.com

[hybrid_group:vars]
node_type=hybrid