Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 Red Hat Ansible Automation Platform 環境での自動化メッシュのプランニング

以下のトピックでは、Ansible Automation Platform 環境で自動化メッシュのデプロイメントを計画するのに役立つ情報を提供します。以降のセクションでは、自動化メッシュトポロジーを設計する方法の例に加えて、自動化メッシュを構成する概念を説明します。シンプルなトポロジーから複雑なトポロジーまでを例に使用して、自動化メッシュをデプロイするための各種の方法を示します。

1.1. 自動化メッシュについて

自動化メッシュは、既存ネットワークを使用して互いにピアツーピア接続を確立しているノードを介して、大規模な分散ワーカーのコレクション全体で作業分散を容易にするオーバーレイネットワークです。

Red Hat Ansible Automation Platform 2 は、Ansible Tower と分離されたノードを自動化コントローラーおよび自動化ハブに置き換えます。自動化コントローラーは、UI、Restful API、RBAC、ワークフローおよび CI/CD 統合を介して自動化のコントロールプレーンを提供します。一方、Automation Mesh は、制御および実行レイヤーを構成するノードの設定、検出、変更、または修正に使用できます。

Automation Mesh では、以下が追加されました。

  • 個別にスケーリングする動的クラスター容量。これにより、ダウンタイムを最小限に抑えてノードを作成、登録、グループ化、グループ化解除、および登録解除できます。
  • コントロールプレーンと実行プレーンの分離により、コントロールプレーンの容量とは関係なく Playbook の実行容量をスケーリングできます。
  • レイテンシーに対して回復性があり、サービスを停止させずに設定変更が可能で、またサービスの停止が存在する場合に動的に再ルーティングを行い別のパスを選択するデプロイメントの選択。メッシュルーティングの変更。
  • FIPS (Federal Information Processing Standards) に準拠する双方向、マルチホップのメッシュ通信の可能性を含む接続性。