Language and Page Formatting Options

第2章 コンテンツの主なソースとしての Red Hat 自動化ハブの設定

Red Hat 自動化ハブは、ansible.cfg 設定ファイルでコンテンツのデフォルトソースとして定義できます。

前提条件

  • 自動化ハブサーバーの API トークンを取得します。詳細は、「自動化ハブ API トークンの作成」を参照してください。

手順

  1. [galaxy] セクション配下に server_list オプションを追加し、1 つ以上のサーバー名を指定します。
  2. 各サーバー名に新しいセクションを作成します。

    [galaxy_server.<server_name>]
  3. 各サーバー名に url オプションを設定します。サーバー URL に api/galaxy/ サブディレクトリーを含める必要があります。

    https://<server_fully_qualified_domain_name>/api/galaxy/
  4. 必要に応じて auth_url オプションを設定します。コミュニティーの Ansible Galaxy には auth_url が必要ありません。
  5. 自動化ハブサーバーの API トークンを設定します。

以下の ansible.cfg の例は、優先順位の高い順序で複数のサーバーを設定する方法を示しています。自動化ハブはプライマリーソースとして、Ansible Galaxy サーバーをセカンダリーソースとして設定しています。

ansible.cfg

[galaxy]
server_list = automation_hub, my_org_hub

[galaxy_server.automation_hub]
url=https://cloud.redhat.com/api/automation-hub/api/galaxy/ 1 2
auth_url=https://sso.redhat.com/auth/realms/redhat-external/protocol/openid-connect/token

token=my_ah_token

[galaxy_server.my_org_hub]
url=https://automation.my_org/api/galaxy/ 3
username=my_user
password=my_pass

1
末尾のスラッシュ / はサーバーの URL に従う必要があります。
2
Galaxy サーバーの URL に /api/galaxy/ サブディレクトリーを追加します。
3
自動化ハブサーバーの URL に /api/galaxy/ サブディレクトリーを追加します。

これで自動化ハブをデフォルトのサーバーとして設定し、サポートされるコレクションのダウンロードおよびインストールを続行できるようになりました。

サーバーリストの設定オプションおよび Ansible Galaxy を Ansible コンテンツソースとして使用する方法の詳細は、Ansible Galaxy ユーザーガイド を参照してください。