Menu Close

9.2. 自動化コンテンツナビゲーターでよくある質問 (FAQ)

次の自動化コンテンツナビゲーターの FAQ を、お使いの環境で発生している問題のトラブルシューティングに役立ててください。

自動化実行環境を使用する場合、ansible.cfg ファイルはどこに置く必要がありますか。

ansible.cfg を使用する最も簡単な方法は、Playbook に隣接するプロジェクトディレクトリーに置くことです。Playbook ディレクトリーは実行環境に自動的にマウントされ、ansible.cfg ファイルが表示されます。ansible.cfg ファイルが別のディレクトリーにある場合は、ANSIBLE_CONFIG 変数とカスタムボリュームマウントとして指定されたディレクトリーを設定する必要があります。execution-environment-volume-mounts については、自動化コンテンツナビゲーターの設定を参照してください。

自動化実行環境を使用しない場合の ansible.cfg ファイルの移動先は、Ansible が、自動化実行環境を使用しない場合の一般的な場所で ansible.cfg を検索します。詳細は、「Ansible 構成設定」を参照してください。

自動化実行環境を使用する場合、Ansible コレクションはどこに置く必要がありますか。
Ansible コレクションを作成する最も簡単な場所は、プロジェクトディレクトリー、Playbook に隣接するコレクションディレクトリーです (たとえば、ansible-galaxy collections install ansible.utils -p ./collections)。Playbook ディレクトリーは自動化実行環境に自動的にマウントされ、自動化コンテンツナビゲーターはそこでコレクションを見つけます。または、Ansible Builder を使用して、コレクションを自動化実行環境に構築する方法もあります。自動化コントローラーは Playbook に隣接するコレクションディレクトリーをサポートしているため、これはコンテンツ作成者が実稼働用の Playbook を作成するのに役立ちます。コレクションが別のディレクトリーにある場合は、ANSIBLE_COLLECTIONS_PATHS 変数を設定して、そのディレクトリーのカスタムボリュームマウントを設定します。execution-environment-volume-mounts の場合は 「自動化コンテンツナビゲーターの一般設定」 を参照してください。
自動化実行環境を使用していない場合、Ansible コレクションはどこに置く必要がありますか。
自動化実行環境を使用しない場合は、Ansible がコレクションのデフォルト場所を検索します。『Ansible Collections ユーザーガイド』を参照してください。
vars_prompt または pause/prompt が使用されたときに Playbook がハングするのはなぜですか。
デフォルトでは、自動化コンテンツナビゲーターは、自動化コントローラーが Playbook を実行するのと同じ方法で Playbook を実行します。これは、コンテンツ作成者が実稼働環境を準備する Playbook を作成するために実行されました。vars_prompt または pause\prompt の使用を回避できない場合は、playbook-artifact の作成を無効にすると、自動化コンテンツナビゲーターは ansible-playbook と互換性のある方法で Playbook を実行し、ユーザーの対話を可能にします。
端末コンテンツナビゲーターが端末の色を変更したり、見栄えが悪くなるのはなぜですか。
自動化コンテンツナビゲーターは、OSC4 互換性の端末にクエリーを実行します。OSC4、10、11、104、110、および 111 は、端末が色変更をサポートすることを示し、元に戻します。端末が機能を誤って表示している可能性があります。OSC4 検出は、--osc4 false を設定して無効にできます。環境変数または設定ファイルでこれを処理する方法は、「自動化コンテンツナビゲーターの一般設定」 を参照してください。
自動化コンテンツナビゲーターで使用される色を変更するにはどうすればよいですか。
--osc4 false を使用して、自動化コンテンツナビゲーターを強制的に端末定義した色を使用するようにします。環境変数または設定ファイルでこれを処理する方法は、「自動化コンテンツナビゲーターの一般設定」 を参照してください。
playbook ディレクトリーにあるすべての site-artifact-2021-06-02T16:02:33.911259+00:00.json ファイルは何に使用しますか。
自動化コンテンツナビゲーターは、すべての Playbook の実行に対して Playbook アーティファクトを作成します。これらは、自動化が完了した後の結果の確認、同僚との共有とトラブルシューティング、またはコンプライアンスや変更管理の目的での維持に役立ちます。Playbook アーティファクトファイルには、すべてのプレイおよびタスク、Playbook 実行の標準出力 stdout に関する詳細情報が含まれます。自動化コンテンツナビゲーターセッション中に ansible-navigator replay <filename> または :replay <filename> を使用して Playbook アーティファクトを確認できます。すべての Playbook アーティファクトは、希望のビューに応じて、--mode stdout および --mode interactive の両方で確認することができます。Playbook のアーティファクトの記述およびデフォルトのファイルの命名規則を無効にすることができます。環境変数または設定ファイルでこれを処理する方法は、「自動化コンテンツナビゲーターの一般設定」 を参照してください。
:open を使用すると vi が開くのはなぜですか。

自動化コンテンツナビゲーターは、デフォルトのエディターで端末に表示されるものを開きます。デフォルトは vi +{line_number} {filename}、または EDITOR 環境変数の現在の値のいずれかに設定されます。これは、エディターがコンソールベースまたは端末ベースであるかを示す editor-console 設定です。役立つ可能性のある代替設定の例を以下に示します。

# emacs
ansible-navigator:
  editor:
    command: emacs -nw +{line_number} {filename}
    console: true
# vscode
ansible-navigator:
  editor:
    command: code -g {filename}:{line_number}
    console: false
#pycharm
ansible-navigator:
  editor:
    command: charm --line {line_number} {filename}
    console: false
どの順番で設定が適用されますか。

自動化コンテンツナビゲーター設定システムは、さまざまなソースから設定をプルするため、以下の順序で階層的に適用します (最後に適用された変更が最も一般的なものになります)。

  1. デフォルトの内部値
  2. 設定ファイルの値
  3. 環境変数からの値
  4. コマンドラインで指定されたフラグおよび引数
  5. テキストベースのユーザーインターフェース内で : コマンドを実行している間
何かが機能しませんでした。どうすればトラブルシューティングできますか。
自動化コンテンツナビゲーターには、適切なログメッセージがあります。--log-level debugを使用して、debug ログを有効にできます。バグを見つけたと思われる場合は、問題をログに記録し、ログファイルから詳細情報を追加してください。