Menu Close

第8章 自動化コンテンツナビゲーターの構成設定

コンテンツ作成者は、開発環境に合わせるために、自動化コンテンツナビゲーターを設定できます。

8.1. 自動化コンテンツナビゲーター設定ファイルの作成

以下を使用して、デフォルトの自動化コンテンツナビゲーター設定を変更できます。

  • コマンドライン
  • 設定ファイル内で
  • 環境変数として

自動化コンテンツナビゲーターは以下の順序で設定ファイルを確認し、最初の一致を使用します。

  • ANSIBLE_NAVIGATOR_CONFIG: 設定されている場合は、設定ファイルのパス環境変数。
  • ./ansible-navigator.<ext>: 現行プロジェクトディレクトリー内の設定ファイルです。ファイル名にドットはありません。
  • \~/.ansible-navigator.<ext>: ファイル名にドットが含まれるホームディレクトリーです。

自動化コンテンツナビゲーター設定ファイルを作成する場合は、以下を考慮してください。

  • 設定ファイルは、JSON 形式または YAML 形式のいずれかを使用できます。
  • JSON 形式の設定の場合、拡張は .json にする必要があります。
  • YAML 形式の設定には、拡張子は .yml または .yaml である必要があります。
  • プロジェクトおよびホームディレクトリーにはそれぞれ設定ファイルを 1 つだけ使用できます。
  • 自動化コンテンツナビゲーターが、いずれかのディレクトリーで複数の設定ファイルを見つけると、エラーが発生します。

以下の設定ファイル例をそれらのパスのいずれかにコピーして、ansible-navigator 設定ファイルを開始できます。

    ---
    ansible-navigator:
    #   ansible:
    #     config: /tmp/ansible.cfg
    #     cmdline: "--forks 15"
    #     inventories:
    #     - /tmp/test_inventory.yml
    #     playbook: /tmp/test_playbook.yml
    #   ansible-runner:
    #     artifact-dir: /tmp/test1
    #     rotate-artifacts-count: 10
    #     timeout: 300
    #   app: run
    #   collection-doc-cache-path: /tmp/cache.db
    #   color:
    #     enable: False
    #     osc4: False
    #   editor:
    #     command: vim_from_setting
    #     console: False
    #   documentation:
    #     plugin:
    #       name: shell
    #       type: become
    #   execution-environment:
    #     container-engine: podman
    #     enabled: False
    #     environment-variables:
    #       pass:
    #         - ONE
    #         - TWO
    #         - THREE
    #       set:
    #         KEY1: VALUE1
    #         KEY2: VALUE2
    #         KEY3: VALUE3
    #     image: test_image:latest
    #     pull-policy: never
    #     volume-mounts:
    #     - src: "/test1"
    #       dest: "/test1"
    #       label: "Z"
    #   help-config: True
    #   help-doc: True
    #   help-inventory: True
    #   help-playbook: False
    #   inventory-columns:
    #     - ansible_network_os
    #     - ansible_network_cli_ssh_type
    #     - ansible_connection
      logging:
    #     append: False
        level: critical
    #     file: /tmp/log.txt
    #   mode: stdout
    #   playbook-artifact:
    #     enable: True
    #     replay: /tmp/test_artifact.json
    #     save-as: /tmp/test_artifact.json