Menu Close

第3章 自動化実行環境の公開

3.1. 実行環境コンテナイメージを自動化ハブにプッシュ

前提条件

  • 自動化ハブで実行環境のパーミッションがあり、新しいコンテナーを作成したり、既存のコンテナーにプッシュすることを許可している。

コンテナーレジストリーはコンテナーイメージを保存するためのリポジトリーです。自動化実行環境イメージを構築すると、そのコンテナーイメージを自動化ハブのインスタンスのレジストリー部分にプッシュする準備が整います。

自動化ハブの URL を使用して以下のコマンドを実行し、Podman にログインし、ユーザー名、パスワード、および自動化のハブ URL に置き換えてください。

$ podman login -u=username -p=password automation-hub-url

Podman にログインしたら、以下のコマンドを実行してコンテナーイメージを自動化ハブのコンテナーレジストリーにプッシュします。

$ podman push automation-hub-url/ee-image-name
注記

自動化実行環境イメージ名は、ansible-builder build コマンドに -t 引数で指定します。-t フラグを使用してカスタムイメージ名を指定しない場合、デフォルトのイメージタグは ansible-execution-env:latest になります。