Menu Close

2.4. 定義ファイルの内容の内訳

自動化実行環境のコンテナーイメージに含まれるコンテンツを指定するため、Ansible Builder で自動化実行環境を構築するには、定義ファイルが必要です。

次のセクションでは、定義ファイルのさまざまな部分について説明します。

2.4.1. ビルド引数およびベースイメージ

定義ファイルの build_arg_defaults セクションは、キーが Ansible Builder への引数のデフォルト値を指定できるディクショナリーです。build_arg_defaults で使用できる値の一覧は、以下の表を参照してください。

説明

ANSIBLE_GALAXY_CLI_COLLECTION_OPTS

  • ユーザーが –pre フラグを渡して、プレリリースコレクションのインストールを有効にすることを許可します
  • -cverify_sslfalse に設定するのと同じです。

EE_BASE_IMAGE

自動化実行環境の親イメージを指定し、既存のイメージに基づいて新しいイメージを構築できるようにします。

EE_BUILDER_IMAGE

コンパイルタイプのタスクに使用されるイメージを指定します。

build_arg_defaults で指定される値は Containerfile にハードコーディングされるため、podman build を手動で呼び出すとこれらの値が維持されます。

注記

CLI --build-arg フラグで同じ変数が指定されている場合は、CLI 値の優先順位が高くなります。