Automation Hub の namespace を使用したコレクションのキュレート

Red Hat Ansible Automation Platform 2.1

namespace を使用して、組織内の自動化開発者が作成したコレクションを整理します。namespace を作成してコレクションをアップロードし、自動化タスクでエンドユーザーに役立つ追加情報およびリソースを追加します。

概要

フィードバックの提供:
本書を改善するためのご意見がある場合や、エラー発見した場合は、テクニカルサポートに https://access.redhat.com連絡して Docsコンポーネントを使用して Ansible Automation PlatformJira プロジェクトで問題を作成してください。

前書き

Automation Hub の namespace を使用して組織で開発されたコレクションをキュレートします。

第1章 namespace を使用した Automation Hub でのコレクションの管理

Automation Hub の namespace を使用して、内部での配布と使用のために組織内で開発されたコレクションを整理できます。

namespace を使用するには、コレクションを作成、編集、および namespace にアップロードする権限を持つグループが必要です。namespace にアップロードしたコレクションは、それらを公開して使用できるようにする前に、管理承認が必要になる場合があります。グループとパーミッションの詳細については、Managing user access in Automation Hub を参照し、コンテンツのキュレーターと開発者向けに Automation Hub を設定する方法を判断してください。

1.1. namespace について

namespace とは、コンテンツコレクションをアップロードおよび公開できる Automation Hub 内の一意の場所です。Automation Hub の namespace へのアクセスは、そこに表示されるコンテンツと関連情報を管理する権限を持つグループによって管理されます。

namespace のコレクションのフォーマット化

以下の命名規則を満たす tar.gz ファイル形式で、内部で開発したコレクションを Automation Hub にアップロードできます。

<my_namespace-my_collection-1.0.0.tar.gz>

1.2. コンテンツキュレーターの新規グループの作成

組織内のコンテンツキュレーションをサポートするように設計された Automation Hub で、新しいグループを作成できます。組織は、Automation Hub での公開用に内部で開発されたコレクションに提供します。

本セクションでは、新しいグループを作成し、コンテンツ開発者が namespace を作成してコレクションを Automation Hub にアップロードできるようにするために必要なパーミッションを割り当てます。

前提条件

  • Automation Hub に admin パーミッションがあり、グループを作成している。

手順

  1. ローカルの Automation Hub にログインします。
  2. Groups に移動し、Create をクリックします。
  3. モーダルのグループの Name として Content Engineering を入力し、Create をクリックします。新しいグループが作成され、Groups ページが表示されます。
  4. Permissions タブで、Edit をクリックします。
  5. Namespaces 配下で、Add NamespaceUpload to Namespace、および Change Namespace のパーミッションを追加します。
  6. Save をクリックします。

    新しいグループは、割り当てたパーミッションで作成されます。次に、グループにユーザーを追加できます。

  7. Groups ページの Users タブをクリックします。
  8. Add をクリックします。
  9. モーダルからユーザーを選択し、Add をクリックします。

まとめ

新しいグループは Automation Hub を使用して、以下を実行できます。

  • namespace の作成
  • namespace の詳細およびリソースページの編集
  • 内部で開発されたコレクションの namespace へのアップロード

1.3. 名前空間の作成

開発者が Automation Hub にアップロードするコレクションをグループ化するために使用する namespace を作成できます。namespace の作成時に、その namespace の所有者として Automation Hub 内のグループを割り当てることができます。

前提条件

  • Add Namespaces および Upload to Namespaces のパーミッションがある。

手順

  1. ローカルの Automation Hub にログインします。
  2. My Namespaces に移動します。
  3. Create をクリックし、namespace name を指定して Namespace owners のグループを割り当てます。
  4. Create をクリックします。

コンテンツ開発者は、新しい namespace にコレクションをアップロードするか、所有者として割り当てられたグループのユーザーにコレクションのアップロードを許可することができます。

1.4. namespace への情報およびリソースの追加

namespace に含まれるコレクションに付随する情報を追加し、ユーザーにリソースを提供できます。ロゴ、説明を追加し、ユーザーを GitHub リポジトリー、案件管理、またはその他のオンラインアセットにリンクします。Edit resources タブでマークダウンテキストを入力し、自動化タスクでコレクションを使用するエンドユーザーに役立つ追加情報を追加することもできます。

前提条件

  • Change Namespaces のパーミッションがある。

手順

  1. ローカルの Automation Hub にログインします。
  2. My Namespaces に移動します。
  3. More actions をクリックし、Edit namespace を選択します。
  4. Edit details タブで、フィールドに情報を入力して namespace のエクスペリエンスを強化します。
  5. edit resources タブをクリックして、テキストフィールドにマークダウンを入力します。
  6. 終了したら Save をクリックします。

コンテンツ開発者は、新しい namespace にコレクションをアップロードするか、所有者として割り当てられたグループのユーザーにコレクションのアップロードを許可することができます。

namespace が作成されると、これにアップロードするパーミッションを持つグループが承認用のコレクションの追加を開始できます。承認されると、namespace のコレクションは Published リポジトリーに表示されます。

1.5. コレクションの namespace へのアップロード

Automation Hub 管理者によるレビューと承認のために、内部で開発されたコレクションをローカルの Automation Hub namespace にアップロードできます。承認されると、コレクションは、Automation Hub ユーザーが表示およびダウンロードできる Published コンテンツリポジトリーに移動します。

注記

コレクションファイル名を以下のようにフォーマット化します: <NAMESPACE-COLLECTION-NAME.tar.gz>

前提条件

  • コレクションをアップロードできる namespace がある。

手順

  1. ローカルの Automation Hub にログインします。
  2. My Namespaces に移動し、namespace を選択します。
  3. Upload collection をクリックします。
  4. New collection モーダルから Select file をクリックします。
  5. アップロードするコレクションを選択します。
  6. Upload をクリックします。

My Imports 画面はテストの概要を提供し、コレクションのアップロードが成功または失敗したかを通知します。

1.6. namespace インポートログの確認

namespace にアップロードしたコレクションのステータスを確認して、プロセスの成功または失敗を評価できます。

インポートされたコレクション情報には以下が含まれます。

  • Status: 完了または失敗
  • Approval status: 承認待ちまたは承認済み
  • Version: アップロードしたコレクションのバージョン
  • Import log: コレクションのインポート中に実行されたアクティビティー

前提条件

  • コレクションのアップロードが可能な namespace へのアクセスがある。

手順

  1. ローカルの Automation Hub にログインします。
  2. My Namespaces に移動します。
  3. namespace を選択します。
  4. More actions をクリックし、My imports を選択します。
  5. 検索フィールドを使用するか、一覧からインポートされたコレクションを見つけます。
  6. インポートされたコレクションをクリックします。

コレクションのインポートの詳細を確認し、namespace 内のコレクションのステータスを確認します。

第2章 まとめ

上記の手順を完了すると、以下が実行されます。
  • パーミッションを持つグループを作成し、namespace をキュレートし、コレクションをこれにアップロードします。
  • 自動化タスクでコレクションのエンドユーザーを支援する情報とリソースを namespace に追加します。
  • コレクションを namespace にアップロードします。
  • namespace インポートログを確認し、コレクションのアップロードの成功または失敗のほか、現在の承認ステータスを判断します。