1.3. Red Hat Ansible Automation Platform サブスクリプションの割り当て

Red Hat Ansible Automation Platform をインストールする前に、有効なサブスクリプションが割り当てられている 必要があります。Ansible Automation Platform サブスクリプションを割り当てると、自動化ハブリポジトリーが有効になります。

有効なサブスクリプションは、自動化ハブにのみ割り当てる必要があります。[automationhub] グループが空白の場合でも、他のノードに有効なサブスクリプションを割り当てる必要はありません。これは、repos_el ロールレベルで行われ、このロールは [automationcontroller] および '[automationhub] ホストの両方で実行します。

手順

  1. Red Hat Ansible Automation Platform サブスクリプションの pool_id を取得します。

    # subscription-manager list --available --all | grep "Ansible Automation Platform" -B 3 -A 6

    コマンドは以下を返します。

    Subscription Name: Red Hat Ansible Automation, Premium (5000 Managed Nodes)
      Provides: Red Hat Ansible Engine
      Red Hat Ansible Automation Platform
      SKU: MCT3695
      Contract: ````
      Pool ID: ``````````
      Provides Management: No
      Available: 4999
      Suggested: 1
  2. サブスクリプションを割り当てます。

    # subscription-manager attach --pool=<pool_id>

全ノードには、Red Hat Ansible Automation Platform が割り当てられ、自動化ハブリポジトリーを検索します。

検証

  1. サブスクリプションが正常に割り当てられたことを確認します。
# subscription-manager list --consumed