第3章 インベントリーファイルの編集

inventory ファイルを編集して Automation Hub のインストールを指定し、必要なパラメーターを更新します。

  1. インストーラーに移動します。

    1. [bundled installer]

      $ cd ansible-automation-platform-setup-bundle-<latest-version>
    2. [online installer]

      $ cd ansible-automation-platform-setup-<latest-version>
  2. テキストエディターで inventory ファイルを開きます。
  3. inventory ファイルパラメーターを編集して、Automaton Hub ホストのみのインストールを指定します。以下の例に従ってください。

    1. [tower] インベントリー情報を のままにします。
    2. [automationhub] グループホスト情報を追加します。

      注記

      [automationhub] ホストの到達可能な IP アドレスを指定して、ユーザーが別のノードから Private Automation Hub のコンテンツを同期できるようにします。

    3. インストール仕様に基づいて、automationhub_admin_passwordautomation_pg_password、および追加のパラメーターの値を更新します。

      例:

      [tower]
      
      
      [automationhub]
      <reachable-ip> ansible_connection=local
      
      [all:vars]
      automationhub_admin_password= <PASSWORD>
      
      automationhub_pg_host=''
      automationhub_pg_port=''
      
      automationhub_pg_database='automationhub'
      automationhub_pg_username='automationhub'
      automationhub_pg_password=<PASSWORD>
      automationhub_pg_sslmode='prefer'
      
      # The default install will deploy a TLS enabled Automation Hub.
      # If for some reason this is not the behavior wanted one can
      # disable TLS enabled deployment.
      #
      # automationhub_disable_https = False
      # The default install will generate self-signed certificates for the Automation
      # Hub service. If you are providing valid certificate via automationhub_ssl_cert
      # and automationhub_ssl_key, one should toggle that value to True.
      #
      # automationhub_ssl_validate_certs = False
      # SSL-related variables
      # If set, this will install a custom CA certificate to the system trust store.
      # custom_ca_cert=/path/to/ca.crt
      # Certificate and key to install in Automation Hub node
      # automationhub_ssl_cert=/path/to/automationhub.cert
      # automationhub_ssl_key=/path/to/automationhub.key