第5章 Topic Operator の使用

KafkaTopic リソースを使用してトピックを作成、編集、または削除する場合、Topic Operator によって変更が確実に Kafka クラスターで反映されます。

5.1. Kafka トピックリソース

KafkaTopic リソースは、パーティションやレプリカの数を含む、トピックの設定に使用されます。

KafkaTopic の完全なスキーマは、「KafkaTopic スキーマ参照」で確認できます。

5.1.1. Kafka トピックの使用に関する推奨事項

トピックを使用する場合は、整合性を保ちます。常に KafkaTopic リソースで作業を行うか、直接 OpenShift でトピックを扱います。特定のトピックで、両方の方法を頻繁に切り替えないでください。

トピックの性質を反映するトピック名を使用し、後で名前を変更できないことに注意してください。

Kafka でトピックを作成する場合は、有効な OpenShift リソース名である名前を使用します。それ以外の場合は、Topic Operator は対応する KafkaTopic を OpenShift ルールに準じた名前で作成する必要があります。

注記

OpenShift の識別子および名前の推奨事項については、OpenShift コミュニティーの記事「Identifiers and Names」を参照してください。

5.1.2. Kafka トピックの命名規則

Kafka と OpenShift では、Kafka と KafkaTopic.metadata.name でのトピックの命名にそれぞれ独自の検証ルールを適用します。トピックごとに有効な名前があり、他のトピックには無効です。

spec.topicName プロパティーを使用すると、OpenShift の Kafka トピックでは無効な名前を使用して、Kafka で有効なトピックを作成できます。

spec.topicName プロパティーは Kafka の命名検証ルールを継承します。

  • 249 文字を超える名前は使用できません。
  • Kafka トピックの有効な文字は ASCII 英数字、._、および - です。
  • 名前を . または .. にすることはできませんが、.exampleTopic..exampleTopic のように名前で使用できます。

spec.topicName は変更しないでください。

以下に例を示します。

kind: KafkaTopic
metadata:
  name: topic-name-1
spec:
  topicName: topicName-1 1
  # ...
1
OpenShift では大文字は無効です。

上記は下記のように変更できません。

kind: KafkaTopic
metadata:
  name: topic-name-1
spec:
  topicName: name-2
  # ...
注記

Kafka Streams など一部の Kafka クライアントアプリケーションは、プログラムを使用して Kafka でトピックを作成できます。これらのトピックに、OpenShift リソース名としては無効な名前が付いている場合、Topic Operator はそれらのトピックに Kafka 名に基づく有効な名前を付けます。無効な文字が置き換えられ、ハッシュが名前に追加されます。

5.2. Kafka トピックの設定

KafkaTopic リソースのプロパティーを使用して Kafka トピックを設定します。

oc apply を使用すると、トピックを作成または編集できます。oc delete を使用すると、既存のトピックを削除できます。

以下に例を示します。

  • oc apply -f <topic-config-file>
  • oc delete KafkaTopic <topic-name>

この手順では、10 個のパーティションと 2 つのレプリカがあるトピックを作成する方法を説明します。

作業を開始する前の注意事項

以下を考慮してから変更を行うことが重要になります。

  • Kafka は KafkaTopic リソースによる以下の変更をサポートしません

    • spec.topicName を使用したトピック名の変更
    • spec.partitions を使用したパーティションサイズの減少
  • spec.replicas を使用して最初に指定したレプリカの数を変更することはできません。
  • キーのあるトピックの spec.partitions を増やすと、レコードをパーティション化する方法が変更されます。これは、トピックがセマンティックパーティションを使用するとき、特に問題になる場合があります。

前提条件

手順

  1. 作成する KafkaTopic が含まれるファイルを準備します。

    KafkaTopic の例

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta1
    kind: KafkaTopic
    metadata:
      name: orders
      labels:
        strimzi.io/cluster: my-cluster
    spec:
      partitions: 10
      replicas: 2

    ヒント

    トピックを変更する場合、現行バージョンのリソースは、oc get kafkatopic orders -o yaml を使用して取得できます。

  2. OpenShift で KafkaTopic リソースを作成します。

    oc apply -f <topic-config-file>