4.2. セッションオプション

これらのオプションは、プールされた接続ファクトリーから作成されるセッションの動作に影響します。

maxSessionsPerConnection

各接続のセッションの最大数。デフォルトは 500 です。負の値を指定すると制限が削除されます。

制限を超えた場合、createSession() は設定に応じて例外をブロックするか、または例外を出力します。

blockIfSessionPoolIsFull

有効な場合は、プールでセッションが利用可能になるまで createSession() をブロックします。これはデフォルトで有効になっています。

無効な場合は、createSession() に対する呼び出しは、セッションが利用できない場合に IllegalStateException を出力します。

blockIfSessionPoolIsFullTimeout
createSession() へのブロックされた呼び出しが IllegalStateException を出力するまでの時間 (ミリ秒単位)。デフォルトは -1 で、呼び出しが永久にブロックされることを意味します。
useAnonymousProducers

これを有効にすると、createProducer() へのすべての呼び出しに単一の匿名 JMS MessageProducer を使用します。これはデフォルトで有効になっています。

まれに、この動作が望ましくない場合があります。これを無効にすると、createProducer() へのすべての呼び出しは新しい MessageProducer インスタンスになります。