3.2. Hello World の実行

Hello World の例では、文字列「Hello World」の各文字に対して createConnection() を呼び出し、一度に転送します。AMQ JMS Pool が使用されているため、各呼び出しは同じ基礎となる JMS Connection オブジェクトを再利用します。

手順

  1. <source-dir>/pooled-jms-examples ディレクトリーで以下のコマンドを実行し、Maven を使用してサンプルを構築します。

    $ mvn clean package dependency:copy-dependencies -DincludeScope=runtime -DskipTests

    dependency:copy-dependencies を追加すると、依存関係が target/dependency ディレクトリーにコピーされます。

  2. java コマンドを使用してサンプルを実行します。

    Linux または UNIX の場合:

    $ java -cp "target/classes:target/dependency/*" org.messaginghub.jms.example.HelloWorld

    Windows の場合:

    > java -cp "target\classes;target\dependency\*" org.messaginghub.jms.example.HelloWorld

Linux で実行すると、以下のような出力になります。

$ java -cp "target/classes/:target/dependency/*" org.messaginghub.jms.example.HelloWorld
2018-05-17 11:04:23,393 [main           ] - INFO  JmsPoolConnectionFactory       - Provided ConnectionFactory is JMS 2.0+ capable.
2018-05-17 11:04:23,715 [localhost:5672]] - INFO  SaslMechanismFinder            - Best match for SASL auth was: SASL-ANONYMOUS
2018-05-17 11:04:23,739 [localhost:5672]] - INFO  JmsConnection                  - Connection ID:104dfd29-d18d-4bf5-aab9-a53660f58633:1 connected to remote Broker: amqp://localhost:5672
Hello World

この例のソースコードは <source-dir>/pooled-jms-examples/src/main/java ディレクトリーにあります。JNDI およびロギング設定は <source-dir>/pooled-jms-examples/src/main/resources ディレクトリーにあります。