第1章 概要

AMQ JMS Pool は、JMS 接続、セッション、およびメッセージプロデューサーのキャッシュを提供するライブラリーです。これにより、JMS API で定義される標準のライフサイクル以外の接続リソースを再利用できます。

AMQ JMS Pool は、選択した JMS プロバイダーの ConnectionFactory をラップする標準的な JMS ConnectionFactory インスタンスとして動作し、JMS プールの構成に基づいてそのプロバイダーからの Connection オブジェクトの寿命を管理します。これは、プール内の createConnection() メソッドへの呼び出し間で 1 つ以上の接続を共有するように設定できます。

AMQ JMS Pool は、複数の言語やプラットフォームをサポートするメッセージングライブラリースイートである AMQ Clients の一部です。クライアントの概要は、「AMQ Clients Overview」を参照してください。本リリースに関する詳細は、『AMQ Clients 2.10 Release Notes』を参照してください。

AMQ JMS Pool は Pooled JMS メッセージングライブラリーに基づいています。

1.1. 主な特長

  • JMS 1.1 および 2.0 との互換
  • 自動再接続
  • 設定可能な接続およびセッションプールサイズ