4.2.3.3. ユーザークォータ

KafkaUser リソースの spec を設定してクォータを強制し、ユーザーが Kafka ブローカーへの設定されたアクセスレベルを超えないようにします。サイズベースのネットワーク使用量と時間ベースの CPU 使用率のしきい値を設定できます。また、パーティション mutation (変更) クォータを追加して、ユーザー要求に対して受け入れられるパーティション変更のリクエストのレートを制御することもできます。

ユーザークォータをともなう KafkaUser の例

apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
kind: KafkaUser
metadata:
  name: my-user
  labels:
    strimzi.io/cluster: my-cluster
spec:
  # ...
  quotas:
    producerByteRate: 1048576 1
    consumerByteRate: 2097152 2
    requestPercentage: 55 3
    controllerMutationRate: 10 4

1
ユーザーが Kafka ブローカーにプッシュできるデータ量の、秒あたりのバイトクォータ。
2
ユーザーが Kafka ブローカーからフェッチできるデータ量の、秒あたりのバイトクォータ。
3
クライアントグループあたりの時間割合で示される、CPU 使用制限。
4
1 秒あたり許容される同時パーティション作成および削除操作 (mutations) の数

これらのプロパティーの詳細は、KafkaUserQuotas schema reference を参照してください。