13.2.47. TlsSidecar スキーマ参照

CruiseControlSpecEntityOperatorSpec で使用されています。

TlsSidecarスキーマプロパティの全リスト

Pod で実行されるコンテナーである TLS サイドカーを設定しますが、サポートの目的で提供されます。。AMQ Streams では、TLS サイドカーは TLS を使用して、コンポーネントと ZooKeeper との間の通信を暗号化および復号化します。

TLS サイドカーは以下で使用されます。

  • Entitiy Operator
  • Cruise Control

TLSサイドカーの設定には、tlsSidecarプロパティが使用されます。

  • Kafka.spec.entityOperator
  • Kafka.spec.cruiseControl

TLS サイドカーは、以下の追加オプションをサポートします。

  • image
  • resources
  • logLevel
  • readinessProbe
  • livenessProbe

resourcesプロパティは、TLSサイドカーに割り当てられたメモリとCPUのリソースを指定します。

imageプロパティは、使用されるコンテナイメージを設定します。

readinessProbeプロパティとlivenessProbeプロパティは、TLSサイドカーのhealthcheck プローブを構成します。

logLevelプロパティは、ロギングレベルを指定します。以下のログレベルがサポートされます。

  • emerg
  • alert
  • crit
  • err
  • warning
  • notice
  • info
  • debug

デフォルト値は notice です。

TLS サイドカーの設定例

apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
kind: Kafka
metadata:
  name: my-cluster
spec:
  # ...
  entityOperator:
    # ...
    tlsSidecar:
      resources:
        requests:
          cpu: 200m
          memory: 64Mi
        limits:
          cpu: 500m
          memory: 128Mi
    # ...
  cruiseControl:
    # ...
    tlsSidecar:
      image: my-org/my-image:latest
      resources:
        requests:
          cpu: 200m
          memory: 64Mi
        limits:
          cpu: 500m
          memory: 128Mi
      logLevel: debug
      readinessProbe:
        initialDelaySeconds: 15
        timeoutSeconds: 5
      livenessProbe:
        initialDelaySeconds: 15
        timeoutSeconds: 5
    # ...

13.2.47.1. TlsSidecarスキーマのプロパティ

プロパティー説明

image

コンテナーの Docker イメージ。

string

livenessProbe

Pod の liveness チェック。

Probe

logLevel

TLS サイドカーのログレベル。デフォルト値は notice です。

string ([emerg、debug、crit、err、alert、warning、notice、info] のいずれか)

readinessProbe

Pod の readiness チェック。

Probe

resources

予約する CPU およびメモリーリソース。詳細は、core/v1 resourcerequirements の外部ドキュメント を参照してください。

ResourceRequirements