13.2.39. PodDisruptionBudgetTemplate スキーマ参照

CruiseControlTemplateKafkaBridgeTemplateKafkaClusterTemplateKafkaConnectTemplateKafkaMirrorMakerTemplateZookeeperClusterTemplate で使用されます。

PodDisruptionBudgetTemplateスキーマプロパティの全リスト

AMQ Streamsは、新しいStatefulSetDeploymentごとにPodDisruptionBudgetを作成します。デフォルトでは、Pod の Disruption Budget (停止状態の予算) は単一の Pod を指定時に利用不可能にすることのみ許可します。PodDisruptionBudget.specリソースのmaxUnavailableプロパティのデフォルト値を変更することで、使用できないポッドの許容量を増やすことができます。

PodDisruptionBudgetのテンプレートの一例です。

# ...
template:
    podDisruptionBudget:
        metadata:
            labels:
                key1: label1
                key2: label2
            annotations:
                key1: label1
                key2: label2
        maxUnavailable: 1
# ...

13.2.39.1. PodDisruptionBudgetTemplate スキーマ参照

プロパティー説明

metadata

PodDistruptionBugetTemplate リソースに適用するメタデータ。

MetadataTemplate

maxUnavailable

自動 Pod エビクションを許可するための利用不可能な Pod の最大数。Pod エビクションは、maxUnavailable の Pod 数またはそれより少ない Pod 数がエビクション後に利用できない場合に許可されます。この値を 0 に設定するとすべての自発的なエビクションを阻止するため、Pod を手動でエビクトする必要があります。デフォルトは 1 です。

integer