13.2.85. KafkaConnectS2ISpec スキーマ参照

KafkaConnectS2I で使用

KafkaConnectS2ISpecスキーマプロパティの全リスト

Source-to-Image (S2I) サポートで Kafka Connect クラスターを設定します。

OpenShift (のみ) のコネクタープラグインで Kafka Connect を拡張する場合、OpenShift ビルドおよび S2I を使用して、Kafka Connect デプロイメントによって使用されるコンテナーイメージを作成できます。

設定オプションは、KafkaConnectSpec スキーマを使用した Kafka Connect 設定に似ています。

13.2.85.1. KafkaConnectS2ISpecスキーマプロパティ

プロパティー説明

version

Kafka Connect のバージョン。デフォルトは 2.8.0. です。バージョンのアップグレードまたはダウングレードに必要なプロセスを理解するには、ユーザードキュメントを参照してください。

string

replicas

Kafka Connect グループの Pod 数。

integer

image

Pod の Docker イメージ。

string

buildResources

予約する CPU およびメモリーリソース。詳細は、core/v1 resourcerequirements の外部ドキュメント を参照してください。

ResourceRequirements

bootstrapServers

接続するブートストラップサーバー。これは <hostname>:‍<port> ペアのコンマ区切りリストとして指定する必要があります。

string

tls

TLS 設定。

KafkaConnectTls

authentication

Kafka Connect の認証設定。タイプは、指定のオブジェクト内の authentication.type プロパティーの値によって異なり、[tls、scram-sha-512、plain、oauth] のいずれかでなければなりません。

KafkaClientAuthenticationTlsKafkaClientAuthenticationScramSha512KafkaClientAuthenticationPlainKafkaClientAuthenticationOAuth

config

Kafka Connect の設定。次の接頭辞を持つプロパティーは設定できません: ssl.、sasl.、security.、listeners、plugin.path、rest.、bootstrap.servers、consumer.interceptor.classes、producer.interceptor.classes (ssl.endpoint.identification.algorithm、ssl.cipher.suites、ssl.protocol、ssl.enabled.protocols を除く)

map

resources

CPU とメモリーリソースおよび要求された初期リソースの上限。詳細は、core/v1 resourcerequirements の外部ドキュメント を参照してください。

ResourceRequirements

livenessProbe

Pod の liveness チェック。

Probe

readinessProbe

Pod の readiness チェック。

Probe

jvmOptions

Pod の JVM オプション。

JvmOptions

jmxOptions

JMX オプション。

KafkaJmxOptions

ログ

Kafka Connect のロギング設定。タイプは、指定のオブジェクト内の logging.type プロパティーの値によって異なり、[inline、external] のいずれかでなければなりません。

InlineLoggingExternalLogging

tracing

Kafka Connect でのトレースの設定。タイプは、指定のオブジェクト内の tracing.type プロパティーの値によって異なり、[jaeger] の 1 つでなければなりません。

JaegerTracing

template

Kafka Connect および Kafka Connect S2I リソースのテンプレート。ユーザーはテンプレートにより、DeploymentPod および Service の生成方法を指定できます。

KafkaConnectTemplate

externalConfiguration

Secret または ConfigMap から Kafka Connect Pod にデータを渡し、これを使用してコネクターを設定します。

ExternalConfiguration

build

Connect コンテナーイメージを構築する方法を設定します。オプション。

ビルド

clientRackInitImage

client.rackの初期化に使用されるinitコンテナのイメージです。

string

insecureSourceRepository

true の場合、'Local' 参照ポリシーとセキュアでないソースタグを受け入れるインポートポリシーを使用してソースリポジトリーを設定します。

boolean

metricsConfig

メトリクスの設定。タイプは、指定のオブジェクト内の metricsConfig.type プロパティーの値によって異なり、[jmxPrometheusExporter] のいずれかでなければなりません。

JmxPrometheusExporterMetrics

rack

client.rack コンシューマー設定として使用されるノードラベルの設定。

Rack