4.2.2.2. SCRAM-SHA-512 認証

SCRAM-SHA-512 認証メカニズムを使用するには、type フィールドを scram-sha-512 に設定します。

SCRAM-SHA-512 認証が有効になっている KafkaUser の例

apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
kind: KafkaUser
metadata:
  name: my-user
  labels:
    strimzi.io/cluster: my-cluster
spec:
  authentication:
    type: scram-sha-512
  # ...

ユーザーが User Operator によって作成されると、KafkaUser リソースと同じ名前で新しいシークレットが作成されます。シークレットの password キーには、生成されたパスワードが含まれ、base64 でエンコードされます。パスワードを使用するにはデコードする必要があります。

ユーザークレデンシャルのある Secret の例

apiVersion: v1
kind: Secret
metadata:
  name: my-user
  labels:
    strimzi.io/kind: KafkaUser
    strimzi.io/cluster: my-cluster
type: Opaque
data:
  password: Z2VuZXJhdGVkcGFzc3dvcmQ= 1
  sasl.jaas.config: b3JnLmFwYWNoZS5rYWZrYS5jb21tb24uc2VjdXJpdHkuc2NyYW0uU2NyYW1Mb2dpbk1vZHVsZSByZXF1aXJlZCB1c2VybmFtZT0ibXktdXNlciIgcGFzc3dvcmQ9ImdlbmVyYXRlZHBhc3N3b3JkIjsK 2

1
base64 でエンコードされた生成されたパスワード。
2
base64 でエンコードされた SASL SCRAM-SHA-512 認証の JAAS 設定文字列。

生成されたパスワードをデコードします。

echo "Z2VuZXJhdGVkcGFzc3dvcmQ=" | base64 --decode