12.7.3.2. コンシューマーグループを使用したデータ消費のスケーリング

コンシューマーグループは、特定のトピックから 1 つまたは複数のプロデューサーによって生成される、典型的な大量のデータストリームを共有します。コンシューマーは group.id プロパティーを使用してグループ化されるため、メッセージをメンバー全体に分散できます。グループ内のコンシューマーの 1 つがリーダーを選択し、パーティションをグループのコンシューマーにどのように割り当てるかを決定します。各パーティションは 1 つのコンシューマーにのみ割り当てることができます。

コンシューマーの数がパーティション数だけない場合には、同じ group.id を持つコンシューマーインスタンスを追加して、データ消費をスケーリングできます。コンシューマーをグループに追加して、パーティションの数より多くしても、スループットは改善されませんが、コンシューマーが機能しなくなったときに予備のコンシューマーを使用できます。より少ないコンシューマーでスループットの目標を達成できれば、リソースを節約できます。

同じコンシューマーグループのコンシューマーは、オフセットコミットとハートビートを同じブローカーに送信します。グループのコンシューマーの数が多いほど、ブローカーのリクエスト負荷が高くなります。

# ...
group.id=my-group-id 1
# ...
1
グループ ID を使用してコンシューマーグループにコンシューマーを追加します。