5.2.2. Topic Operator のトピックストア

Topic Operator は Kafka を使用して、トピック設定をキーと値のペアとして記述するトピックメタデータを保存します。トピックストアは、Kafka トピックを使用して状態を永続化する Kafka Streams のキーバリューメカニズムを基にしています。

トピックメタデータはインメモリーでキャッシュされ、Topic Operator 内にてローカルでアクセスされます。ローカルのインメモリーキャッシュに適用される操作からの更新は、ディスク上のバックアップトピックストアに永続化されます。トピックストアは、Kafka トピックまたは OpenShift KafkaTopic カスタムリソースからの更新と継続的に同期されます。操作は、このような方法で設定されたトピックストアで迅速に処理されますが、インメモリーキャッシュがクラッシュした場合は、永続ストレージから自動的にデータが再入力されます。

5.2.2.1. 内部トピックストアトピック

内部トピックは、トピックストアでのトピックメタデータの処理をサポートします。

__strimzi_store_topic
トピックメタデータを保存するための入力トピック
__strimzi-topic-operator-kstreams-topic-store-changelog
圧縮されたトピックストア値のログの維持
警告

これらのトピックは、Topic Operator の実行に不可欠であるため、削除しないでください。