13.2.107.2. 設定

producer.config プロパティーを使用して、プロデューサーの Kafka オプションを設定します。

config プロパティーには、Kafka MirrorMaker プロデューサー設定オプションが鍵として含まれ、値は以下の JSON タイプのいずれかに設定されます。

  • 文字列
  • 数値
  • ブール値

TLSバージョンの特定の暗号スイートを使用するクライアント接続のために、許可されたsslプロパティを設定することができます。また、 ssl.endpoint.identification.algorithmプロパティを設定して、ホスト名の検証を有効または無効にすることもできます。

例外

プロデューサー向けの Apache Kafka 設定ドキュメント に記載されているオプションを指定および設定できます。

しかし、以下に関連する AMQ Streams によって自動的に設定され、直接管理されるオプションには例外があります。

  • Kafka クラスターブートストラップアドレス
  • セキュリティー (暗号化、認証、および承認)
  • インターセプター

以下の文字列の 1 つと同じキーまたは以下の文字列の 1 つで始まるキーを持つ設定オプションはすべて禁止されています。

禁止されているオプションが config プロパティーにある場合、そのオプションは無視され、警告メッセージが Cluster Operator ログファイルに出力されます。その他のオプションはすべて Kafka MirrorMaker に渡されます。

重要

Cluster Operator では、提供された config オブジェクトのキーまたは値は検証されません。無効な設定が指定されると、Kafka MirrorMaker が起動しなかったり、不安定になったりする場合があります。このような場合、KafkaMirrorMaker.spec.producer.config オブジェクトの設定を修正し、Cluster Operator によって Kafka MirrorMaker の新しい設定がロールアウトされるようにします。