13.2.3.2. 設定

config プロパティーを使用して、Kafka ブローカーオプションをキーとして設定します。

標準の Apache Kafka 設定が提供されることがありますが、AMQ Streams によって直接管理されないプロパティーに限定されます。

以下に関連する設定オプションは設定できません。

  • セキュリティー (暗号化、認証、および承認)
  • リスナーの設定
  • Broker ID の設定
  • ログデータディレクトリーの設定
  • ブローカー間の通信
  • ZooKeeper の接続

値は以下の JSON タイプのいずれかになります。

  • 文字列
  • 数値
  • ブール値

AMQ Streams で直接管理されるオプションを除き、Apache Kafka ドキュメント に記載されているオプションを指定および設定できます。以下の文字列の 1 つと同じキーまたは以下の文字列の 1 つで始まるキーを持つ設定オプションはすべて禁止されています。

  • listeners
  • advertised.
  • broker.
  • listener.
  • host.name
  • port
  • inter.broker.listener.name
  • sasl.
  • ssl.
  • security.
  • password.
  • principal.builder.class
  • log.dir
  • zookeeper.connect
  • zookeeper.set.acl
  • authorizer.
  • super.user

禁止されているオプションが config プロパティーにある場合、そのオプションは無視され、警告メッセージが Cluster Operator ログファイルに出力されます。サポートされるその他すべてのオプションは Kafka に渡されます。

禁止されているオプションには例外があります。TLSバージョンの特定の暗号スイートを使用するクライアント接続のために、許可されたsslプロパティを設定することができます。zookeeper.connection.timeout.ms プロパティーを設定して、ZooKeeper 接続の確立に許可される最大時間を設定することもできます。

Kafka ブローカーの設定例

apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
kind: Kafka
metadata:
  name: my-cluster
spec:
  kafka:
    # ...
    config:
      num.partitions: 1
      num.recovery.threads.per.data.dir: 1
      default.replication.factor: 3
      offsets.topic.replication.factor: 3
      transaction.state.log.replication.factor: 3
      transaction.state.log.min.isr: 1
      log.retention.hours: 168
      log.segment.bytes: 1073741824
      log.retention.check.interval.ms: 300000
      num.network.threads: 3
      num.io.threads: 8
      socket.send.buffer.bytes: 102400
      socket.receive.buffer.bytes: 102400
      socket.request.max.bytes: 104857600
      group.initial.rebalance.delay.ms: 0
      ssl.cipher.suites: "TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384"
      ssl.enabled.protocols: "TLSv1.2"
      ssl.protocol: "TLSv1.2"
      zookeeper.connection.timeout.ms: 6000
    # ...