12.2. カスタムリソースの調整の一時停止

修正や更新を実行するために、AMQ Streams Operator によって管理されるカスタムリソースの調整を一時停止すると便利な場合があります。調整が一時停止されると、カスタムリソースに加えられた変更は一時停止が終了するまで Operator によって無視されます。

カスタムリソースの調整を一時停止するには、configure で strimzi.io/pause-reconciliation アノテーションを true に設定します。これにより、適切な Operator がカスタムリソースの調整を一時停止するよう指示されます。たとえば、Cluster Operator による調整が一時停止されるように、アノテーションを KafkaConnect リソースに適用できます。

pause アノテーションを有効にしてカスタムリソースを作成することもできます。カスタムリソースは作成されますが、無視されます。

前提条件

  • カスタムリソースを管理する AMQ Streams Operator が稼働している必要があります。

手順

  1. pause-reconciliationtrue に設定して、OpenShift のカスタムリソースにアノテーションを付けます。

    oc annotate KIND-OF-CUSTOM-RESOURCE NAME-OF-CUSTOM-RESOURCE strimzi.io/pause-reconciliation="true"

    たとえば、KafkaConnect カスタムリソースの場合は以下のようになります。

    oc annotate KafkaConnect my-connect strimzi.io/pause-reconciliation="true"
  2. カスタムリソースの status 条件で、ReconciliationPaused への変更が表示されることを確認し ます。

    oc describe KIND-OF-CUSTOM-RESOURCE NAME-OF-CUSTOM-RESOURCE

    type 条件は、lastTransitionTimeReconciliationPaused に変わります。

    一時停止された調整条件タイプを持つカスタムリソースの例

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaConnect
    metadata:
      annotations:
        strimzi.io/pause-reconciliation: "true"
        strimzi.io/use-connector-resources: "true"
      creationTimestamp: 2021-03-12T10:47:11Z
      #...
    spec:
      # ...
    status:
      conditions:
      - lastTransitionTime: 2021-03-12T10:47:41.689249Z
        status: "True"
        type: ReconciliationPaused

一時停止からの再開

  • 調整を再開するには、アノテーションを false に設定するか、アノテーションを削除します。