6.2.8. パーティションのオフセットのシーク

次に、positions エンドポイントを使用して、Kafka Bridge コンシューマーを設定することで、パーティションのメッセージを特定のオフセットから取得し、さらに最新のオフセットから取得します。これは Apache Kafka では、シーク操作と呼ばれます。

手順

  1. quickstart-bridge-topic トピックで、パーティション 0 の特定のオフセットをシークします。

    curl -X POST http://localhost:8080/consumers/bridge-quickstart-consumer-group/instances/bridge-quickstart-consumer/positions \
      -H 'content-type: application/vnd.kafka.v2+json' \
      -d '{
        "offsets": [
            {
                "topic": "bridge-quickstart-topic",
                "partition": 0,
                "offset": 2
            }
        ]
    }'

    リクエストが正常に行われると、Kafka Bridge は 204 コードのみを返します。

  2. GET リクエストを records エンドポイントに送信します。

    curl -X GET http://localhost:8080/consumers/bridge-quickstart-consumer-group/instances/bridge-quickstart-consumer/records \
      -H 'accept: application/vnd.kafka.json.v2+json'

    Kafka Bridge は、シークしたオフセットからのメッセージを返します。

  3. 同じパーティションの最後のオフセットをシークし、デフォルトのメッセージ取得動作を復元します。この時点で、positions/end エンドポイントを使用します。

    curl -X POST http://localhost:8080/consumers/bridge-quickstart-consumer-group/instances/bridge-quickstart-consumer/positions/end \
      -H 'content-type: application/vnd.kafka.v2+json' \
      -d '{
        "partitions": [
            {
                "topic": "bridge-quickstart-topic",
                "partition": 0
            }
        ]
    }'

    リクエストが正常に行われると、Kafka Bridge は別の 204 コードを返します。

注記

また、positions/beginning エンドポイントを使用して、1 つ以上のパーティションの最初のオフセットをシークすることもできます。

次のステップ

このクイックスタートでは、AMQ Streams Kafka Bridge を使用して Kafka クラスターの一般的な操作をいくつか実行しました。これで、すでに作成した Kafka Bridge コンシューマーを削除 できます。

関連情報