11.4.2. Kafka のブローカー間の通信

Kafka ブローカー間の通信は常に TLS を使用して暗号化されます。

ControlPlaneListener feature gate が有効になっていない限り、ブローカー間の通信はすべてポート 9091 の内部リスナーを通過します。フィーチャーゲートを有効にすると、コントロールプレーンからのトラフィックはポート 9090 の内部コントロールプレーンリスナーを経由します。データプレーンからのトラフィックは引き続き、ポート 9091 で既存の内部リスナーを使用します。

これらの内部リスナーは Kafka クライアントでは利用できません。