12.7.2.2. データの持続性

メッセージ配信の完了通知を使用して、データの持続性を適用し、メッセージが失われる可能性を最小限に抑えることができます。

# ...
acks=all 1
# ...
1
acks=all を指定すると、パーティションリーダーは、メッセージリクエストが正常に受信されたことを確認する前に、一定数のフォロワーにメッセージを複製するように強制します。追加のチェックにより、acks=all はプロデューサーがメッセージを送信して確認応答を受信する間のレイテンシーを長くします。

完了通知がプロデューサーに送信される前にメッセージをログに追加する必要のあるブローカーの数は、トピックの min.insync.replicas 設定によって決定されます。最初に、トピックレプリケーション係数を 3 にし、他のブローカーの In-Sync レプリカを 2 にするのが一般的です。この設定では、単一のブローカーが利用できない場合でもプロデューサーは影響を受けません。2 番目のブローカーが利用できなくなると、プロデューサーは完了通知を受信せず、それ以上のメッセージを生成できなくなります。

acks=allをサポートするトピック設定

# ...
min.insync.replicas=2 1
# ...

1
Sync レプリカでは2を使用します。デフォルトは 1 です。
注記

システムに障害が発生すると、バッファーの未送信データが失われる可能性があります。