11.6. クラスター CA を信頼する外部クライアントの設定

この手順では、external に接続する OpenShift クラスター外部に存在する Kafka クライアントを設定し、クラスター CA 証明書を信頼する方法を説明します。クライアントのセットアップ時および更新期間中に、古いクライアント CA 証明書を交換する場合は、以下の手順に従います。

以下の手順に従い、クラスター CA によって署名された信頼できる証明書を Java ベースの Kafka Producer、Consumer、および Streams API に設定します。

クラスター CA の証明書の形式が PKCS #12 (.p12) または PEM (.crt) であるかに応じて、手順を選択します。

この手順では、Kafka クラスターの ID を検証する Cluster Secret から証明書を取得する方法を説明します。

重要

CA 証明書の更新期間中に、<cluster-name>-cluster-ca-cert Secret に複数の CA 証明書が含まれます。クライアントは、それらを すべて をクライアントのトラストストアに追加する必要があります。

前提条件

  • Cluster Operator が稼働している必要があります。
  • OpenShift クラスター内に Kafka リソースが必要です。
  • TLS を使用して接続し、クラスター CA 証明書を必ず信頼する Kafka クライアントアプリケーションが、OpenShift クラスター外部に必要です。

PKCS #12 形式 (.p12) の使用

  1. 生成された <cluster-name>-cluster-ca-cert Secret から、クラスター CA 証明書およびパスワードを抽出します。

    oc get secret <cluster-name>-cluster-ca-cert -o jsonpath='{.data.ca\.p12}' | base64 -d > ca.p12
    oc get secret <cluster-name>-cluster-ca-cert -o jsonpath='{.data.ca\.password}' | base64 -d > ca.password
  2. Kafka クライアントを以下のプロパティーで設定します。

    • セキュリティープロトコルのオプション:

      • security.protocol: SSL (TLS 認証ありまたはなしで、暗号化に TLS を使用する場合)。
      • security.protocol: SASL_SSL (TLS 経由で SCRAM-SHA 認証を使用する場合)。
    • ssl.truststore.location (証明書がインポートされたトラストストアを指定)。
    • ssl.truststore.password (トラストストアにアクセスするためのパスワードを指定)。このプロパティーは、トラストストアで必要なければ省略できます。
    • ssl.truststore.type=PKCS12 (トラストストアのタイプを識別)。

PEM 形式の使用 (.crt)

  1. 生成された <cluster-name>-cluster-ca-cert Secret から、クラスター CA 証明書を抽出します。

    oc get secret <cluster-name>-cluster-ca-cert -o jsonpath='{.data.ca\.crt}' | base64 -d > ca.crt
  2. X.509 形式の証明書を使用するクライアントでこの証明書を使用します。