4.4.6. OAuth 2.0 認証の設定

OAuth 2.0 は、Kafka クライアントと AMQ Streams コンポーネントとの対話に使用されます。

AMQ Streams に OAuth 2.0 を使用するには、以下を行う必要があります。

4.4.6.1. OAuth 2.0 承認サーバーとしての Red Hat Single Sign-On の設定

この手順では、Red Hat Single Sign-On を承認サーバーとしてデプロイし、AMQ Streams と統合するための設定方法を説明します。

承認サーバーは、一元的な認証および承認の他、ユーザー、クライアント、およびパーミッションの一元管理を実現します。Red Hat Single Sign-On にはレルムの概念があります。レルム はユーザー、クライアント、パーミッション、およびその他の設定の個別のセットを表します。デフォルトの マスターレルム を使用できますが、新しいレルムを作成することもできます。各レルムは独自の OAuth 2.0 エンドポイントを公開します。そのため、アプリケーションクライアントとアプリケーションサーバーはすべて同じレルムを使用する必要があります。

AMQ Streams で OAuth 2.0 を使用するには、Red Hat Single Sign-On のデプロイメントを使用して認証レルムを作成および管理します。

注記

Red Hat Single Sign-On がすでにデプロイされている場合は、デプロイメントの手順を省略して、現在のデプロイメントを使用できます。

作業を開始する前に

Red Hat Single Sign-On を使用するための知識が必要です。

デプロイメントおよび管理の手順は、以下を参照してください。

前提条件

  • AMQ Streams および Kafka が稼働している必要があります。

Red Hat Single Sign-On デプロイメントに関する条件:

手順

  1. Red Hat Single Sign-On を OpenShift クラスターにデプロイします。

    OpenShift Web コンソールでデプロイメントの進捗を確認します。

  2. Red Hat Single Sign-On の Admin Console にログインし、AMQ Streams の OAuth 2.0 ポリシーを作成します。

    ログインの詳細は、Red Hat Single Sign-On のデプロイ時に提供されます。

  3. レルムを作成し、有効にします。

    既存のマスターレルムを使用できます。

  4. 必要に応じて、レルムのセッションおよびトークンのタイムアウトを調整します。
  5. kafka-broker というクライアントを作成します。
  6. Settings タブで以下を設定します。

    • Access TypeConfidential に設定します。
    • Standard Flow EnabledOFF に設定し、このクライアントからの Web ログインを無効にします。
    • Service Accounts EnabledON に設定し、このクライアントが独自の名前で認証できるようにします。
  7. 続行する前に Save クリックします。
  8. Credentials タブにある、AMQ Streams の Kafka クラスター設定で使用するシークレットを書き留めておきます。
  9. Kafka ブローカーに接続するすべてのアプリケーションクライアントに対して、このクライアント作成手順を繰り返し行います。

    新しいクライアントごとに定義を作成します。

    設定では、名前をクライアント ID として使用します。

次のステップ

承認サーバーのデプロイおよび設定後に、Kafka ブローカーが OAuth 2.0 を使用するように設定 します。