12.7.3. Kafka コンシューマー設定の調整

特定のユースケースに合わせて調整されたオプションのプロパティーとともに、基本的なコンシューマー設定を使用します。

コンシューマーを調整する場合、最も重要なことは、取得するデータ量に効率的に対処できるようにすることです。プロデューサーのチューニングと同様に、コンシューマーが想定どおりに動作するまで、段階的に変更を加える必要があります。

12.7.3.1. 基本的なコンシューマー設定

接続およびデシリアライザープロパティーはすべてのコンシューマーに必要です。通常、追跡用にクライアント ID を追加することが推奨されます。

コンシューマー設定では、後続の設定に関係なく、以下を行います。

  • メッセージをスキップまたは再読み取りするようオフセットを変更しない限り、コンシューマーはメッセージを指定のオフセットから取得し、順番に消費します。
  • オフセットはクラスターの別のブローカーに送信される可能性があるため、オフセットを Kafka にコミットした場合でも、ブローカーはコンシューマーが応答を処理したかどうかを認識しません。

基本的なコンシューマー設定プロパティー

# ...
bootstrap.servers=localhost:9092 1
key.deserializer=org.apache.kafka.common.serialization.StringDeserializer  2
value.deserializer=org.apache.kafka.common.serialization.StringDeserializer  3
client.id=my-client 4
group.id=my-group-id 5
# ...

1
(必須) Kafka ブローカーの host:port ブートストラップサーバーアドレスを使用して、コンシューマーが Kafka クラスターに接続するよう指示しますコンシューマーはアドレスを使用して、クラスター内のすべてのブローカーを検出し、接続します。サーバーがダウンした場合に備えて、コンマ区切りリストを使用して 2 つまたは 3 つのアドレスを指定しますが、クラスター内のすべてのブローカーのリストを提供する必要はありません。ロードバランサーサービスを使用して Kafka クラスターを公開する場合、可用性はロードバランサーによって処理されるため、サービスのアドレスのみが必要になります。
2
(必須) Kafka ブローカーから取得されたバイトをメッセージキーに変換するデシリアライザー。
3
(必須) Kafka ブローカーから取得されたバイトをメッセージ値に変換するデシリアライザー。
4
(任意) クライアントの論理名。リクエストのソースを特定するためにログおよびメトリクスで使用されます。ID は、時間クォータの処理に基づいてコンシューマーにスロットリングを適用するために使用することもできます。
5
(条件) コンシューマーがコンシューマーグループに参加するには、グループ ID が 必要 です。