10.4. MirrorMaker、Kafka Connect、および Kafka Bridge のトレーシング設定

分散トレーシングは、MirrorMaker、MirrorMaker 2.0、Kafka Connect (Source2Image がサポートされる Kafka Connect を含む)、および AMQ Streams Kafka Bridge でサポートされます。

MirrorMaker および MirrorMaker 2.0 でのトレーシング

MirrorMaker および MirrorMaker 2.0 では、メッセージはソースクラスターからターゲットクラスターにトレーシングされます。トレースデータは、MirrorMaker または MirrorMaker 2.0 コンポーネントを出入りするメッセージを記録します。

Kafka Connect でのトレーシング

Kafka Connect により生成および消費されるメッセージのみがトレーシングされます。Kafka Connect と外部システム間で送信されるメッセージをトレーシングするには、これらのシステムのコネクターでトレーシングを設定する必要があります。詳細は、「Kafka Connect の設定」 を参照してください。

Kafka Bridge でのトレーシング

Kafka Bridge によって生成および消費されるメッセージがトレーシングされます。Kafka Bridge を介してメッセージを送受信するクライアントアプリケーションから受信する HTTP リクエストもトレーシングされます。エンドツーエンドのトレーシングを設定するために、HTTP クライアントでトレーシングを設定する必要があります。

10.4.1. MirrorMaker、Kafka Connect、および Kafka Bridge リソースでのトレーシングの有効化

KafkaMirrorMakerKafkaMirrorMaker2KafkaConnectKafkaConnectS2I、および KafkaBridge カスタムリソースの設定を更新して、リソースごとに Jaeger トレーサーサービスを指定および設定します。OpenShift クラスターでトレーシングが有効になっているリソースを更新すると、2 つのイベントがトリガーされます。

  • インターセプタークラスは、MirrorMaker、MirrorMaker 2.0、Kafka Connect、または AMQ Streams Kafka Bridge の統合されたコンシューマーおよびプロデューサーで更新されます。
  • MirrorMaker、MirrorMaker 2.0 および Kafka Connect では、リソースに定義されたトレーシング設定に基づいて、Jaeger トレーサーがトレーシングエージェントによって初期化されます。
  • Kafka Bridge では、リソースに定義されたトレーシング設定に基づいて、Jaeger トレーサーが Kafka Bridge によって初期化されます。

手順

KafkaMirrorMakerKafkaMirrorMaker2KafkaConnectKafkaConnectS2I、および KafkaBridge リソースごとに、以下の手順を実行します。

  1. spec.template プロパティーで、Jaeger トレーサーサービスを設定します。以下に例を示します。

    Kafka Connect の Jaeger トレーサー設定

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaConnect
    metadata:
      name: my-connect-cluster
    spec:
      #...
      template:
        connectContainer: 1
          env:
            - name: JAEGER_SERVICE_NAME
              value: my-jaeger-service
            - name: JAEGER_AGENT_HOST
              value: jaeger-agent-name
            - name: JAEGER_AGENT_PORT
              value: "6831"
      tracing: 2
        type: jaeger
      #...

    MirrorMaker の Jaeger トレーサー設定

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaMirrorMaker
    metadata:
      name: my-mirror-maker
    spec:
      #...
      template:
        mirrorMakerContainer:
          env:
            - name: JAEGER_SERVICE_NAME
              value: my-jaeger-service
            - name: JAEGER_AGENT_HOST
              value: jaeger-agent-name
            - name: JAEGER_AGENT_PORT
              value: "6831"
      tracing:
        type: jaeger
    #...

    MirrorMaker 2.0 の Jaeger トレーサー設定

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaMirrorMaker2
    metadata:
      name: my-mm2-cluster
    spec:
      #...
      template:
        connectContainer:
          env:
            - name: JAEGER_SERVICE_NAME
              value: my-jaeger-service
            - name: JAEGER_AGENT_HOST
              value: jaeger-agent-name
            - name: JAEGER_AGENT_PORT
              value: "6831"
      tracing:
        type: jaeger
    #...

    Kafka Bridge の Jaeger トレーサー設定

    apiVersion: kafka.strimzi.io/v1beta2
    kind: KafkaBridge
    metadata:
      name: my-bridge
    spec:
      #...
      template:
        bridgeContainer:
          env:
            - name: JAEGER_SERVICE_NAME
              value: my-jaeger-service
            - name: JAEGER_AGENT_HOST
              value: jaeger-agent-name
            - name: JAEGER_AGENT_PORT
              value: "6831"
      tracing:
        type: jaeger
    #...

    1
    トレーシング環境変数をテンプレートの設定プロパティーとして使用します。
    2
    spec.tracing.type プロパティーを jaeger に設定します。
  2. リソースを作成または更新します。

    oc apply -f your-file