12.3. Kafka および ZooKeeper クラスターの手動によるローリングアップデートの開始

AMQ Streams は、Cluster Operator 経由で Kafka および ZooKeeper クラスターのローリングアップデートを手動でトリガーするために、StatefulSet および Pod リソースでのアノテーションの使用をサポートします。ローリングアップデートにより、新しい Pod でリソースの Pod が再起動されます。

通常、例外的な状況でのみ、特定の Pod または同じ StatefulSet からの Pod のセットを手動で実行する必要があります。ただし、Pod を直接削除せずに、Cluster Operator 経由でローリングアップデートを実行すると、以下を確実に行うことができます。

  • Pod を手動で削除しても、他の Pod を並行して削除するなどの、同時に行われる Cluster Operator の操作とは競合しません。
  • Cluster Operator ロジックによって、In-Sync レプリカの数などの Kafka 設定で指定された内容が処理されます。

12.3.1. 前提条件

手動でローリングアップデートを実行するには、稼働中の Cluster Operator および Kafka クラスターが必要です。

以下を実行する方法については、『 OpenShift での AMQ Streams のデプロイおよびアップグレード』を参照してください。