第10章 分散トレーシング

分散トレーシングを使用すると、分散システムのアプリケーション間で実行されるトランザクションの進捗を追跡できます。マイクロサービスのアーキテクチャーでは、トレーシングはサービス間のトランザクションの進捗を追跡します。トレースデータは、アプリケーションのパフォーマンスを監視し、ターゲットシステムおよびエンドユーザーアプリケーションの問題を調べるのに役立ちます。

AMQ Streams では、トレーシングによってメッセージのエンドツーエンドの追跡が容易になります。これは、ソースシステムから Kafka、さらに Kafka からターゲットシステムおよびアプリケーションへのメッセージの追跡です。これは、Grafana ダッシュボード で表示できるメトリクスやコンポーネントロガーを補います。

AMQ Streams によるトレーシングのサポート方法

トレーシングのサポートは、以下のコンポーネントに組み込まれています。

  • Kafka Connect (Source2Image がサポートされる Kafka Connect を含む)
  • MirrorMaker
  • MirrorMaker 2.0
  • AMQ Streams Kafka Bridge

カスタムリソースのテンプレート設定プロパティーを使用して、これらのコンポーネントのトレーシングを有効化および設定します。

Kafka プロデューサー、コンシューマー、および Kafka Streams API アプリケーションでトレーシングを有効にするには、AMQ Streams に含まれる OpenTracing Apache Kafka Client Instrumentation ライブラリーを使用してアプリケーションコードを インストルメント化 します。インストルメント化されると、クライアントはメッセージのトレースデータを生成します (メッセージの作成時やログへのオフセットの書き込み時など)。

トレースは、サンプリングストラテジーに従いサンプル化され、Jaeger ユーザーインターフェースで可視化されます。

注記

トレーシングは Kafka ブローカーではサポートされません。

AMQ Streams 以外のアプリケーションおよびシステムにトレーシングを設定する方法については、本章の対象外となります。この件についての詳細は、OpenTracing ドキュメント を参照し、「inject and extrac」を検索してください。

手順の概要

AMQ Streams のトレーシングを設定するには、以下の手順を順番に行います。

前提条件

  • Jaeger バックエンドコンポーネントが OpenShift クラスターにデプロイされている必要があります。デプロイメント手順の詳細は、Jaeger デプロイメントのドキュメントを参照してください。

10.1. OpenTracing および Jaeger の概要

AMQ Streams では OpenTracing および Jaeger プロジェクトが使用されます。

OpenTracing は、トレーシングまたは監視システムに依存しない API 仕様です。

  • OpenTracing API は、アプリケーションコードを インストルメント化 するために使用されます。
  • インストルメント化されたアプリケーションは、分散システム全体で個別のトランザクションの トレース を生成します。
  • トレースは、特定の作業単位を定義する スパン で構成されます。

Jaeger はマイクロサービスベースの分散システムのトレーシングシステムです。

  • Jaeger は OpenTracing API を実装し、インストルメント化のクライアントライブラリーを提供します。
  • Jaeger ユーザーインターフェースを使用すると、トレースデータをクエリー、フィルター、および分析できます。

The Jaeger user interface showing a simple query

関連情報