第3章 非推奨の機能

ここでは、サポートされる機能について説明しますが、AMQ Broker で非推奨となった機能について説明します。

OpenWire プロトコル
7.9 以降、OpenWire プロトコルは非推奨の機能です。新しい AMQ Broker ベースのシステムを作成する場合は、サポートされるプロトコルの 1 つを使用してください。この機能は今後のリリースで削除されます。
Hawtio のディスパッチコンソールプラグイン
7.3 以降、AMQ Broker には Hawtio ディスパッチコンソールプラグインである dispatch-hawtio-console.war に同梱されなくなりました。以前のバージョンでは、AMQ Interconnect の管理にディスパッチコンソールを使用していました。ただし、AMQ Interconnect は独自のスタンドアロン Web コンソールを使用するようになりました。
ネットワーク pinger
7.5 以降では、ネットワークの ping は非推奨にされています。ネットワークの ping は、ネットワークの分離の問題からブローカークラスターを保護することができません。これにより、修復不能なメッセージが失われることがあります。この機能は今後のリリースで削除されます。Red Hat では、ネットワークの ping を使用する既存の AMQ Broker デプロイメントは引き続きサポートされます。ただし、Red Hat は、新しいデプロイメントでネットワーク ping を使用することは推奨しません。高可用性を確保するためにブローカークラスターを設定する方法や、ネットワーク分離の問題を回避するために、『 AMQ Broker の設定』の「高可用性の実装」を参照してください。